温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-7。

  • 4月1日

          前に戻る     次へ進む

 コシヒカリの苗箱の苗がほぼ発芽し、掛けてあったネオポリシャインシートを剥がしました。マンゲツモチと、朝紫はもう少し。

 3月25日に播種したコシヒカリ、一応殆ど発芽したとして、掛けてあったシートを外しました。ハウスの南側は多少日当たりが良くないので、発芽はしているものの、まだ少しシートを外すには早い感じでしたが、思い切って剥がしています。一応目標の5mm程度にはなっているかと思います。

ネオポリシャインシートを剥がしたコシヒカリの苗箱コシヒカリの苗の様子 左がシートを剥がしたコシヒカリの苗箱です。奥の方、南側の一部、苗の伸びが今ひとつ良くありません。一応芽は出ていますので、シートを剥がしています。右は苗箱の苗の様子です。マンゲツモチ、朝紫も芽は出ているのですが、今ひとつ伸びが足らないので、もう少しシートを掛けることにしています。これから毎日水やりと、温度管理が必要になります。

 浸種、催芽とも不十分の状態での播種でしたから、発芽がうまく揃うのか、少し心配していたのですが、大丈夫でした。これからの課題は、苗を田圃に移すかどうかです。田圃に移すと結構面倒ですから。

 山の二枚の田圃、耕運機で春起こし実施。

 トラクターでやるか、耕運機でやるか迷っていた山の田圃の春起こし、結局ガソリン耕運機で行いました。起こしてみてトラクターでやらなく良かったと思っています。表面的は固まっているのですが、やはり少し起こすと、かなりゆるい状態でした。トラクターを入れれば、多分スタックしていたでしょう。

春起こし後の山の上の田圃春起こし後の山の下の田圃 左が耕運機で耕起した後の山の上の田圃、左が山の下の田圃です。耕運機での耕起ですから、起こした田圃の面は、かなり荒い感じです。次は水を張って、荒代掻きになります。水をそう入れるか、他諸問題もあります。前回の耕起で起こせなかった上の田圃の南東角地、ここも今回は起こしています。やはりかなり深く、トラクターでは手が出ない感じです。

 山の田圃の周りは、かなり雑草が茂っていいて、そろそろ草刈りが必要な状態です。一番問題なのはカラスのエンドウ、もうかなり大きくなっていて、面倒な状態になっているようです。近く草刈りを行う必要があります。又水を入れると、イノシシが侵入しやすくなりますから、電気柵も有効にする必要がありそうです。

  • 4月2日

 山の二枚の田圃に入水開始。温室のコシヒカリの苗の生育が早い。

 山の二枚の田圃、春起こしに引き続き、今朝から入水です。水の出が良くないため、一日入れても僅かにしか溜まっていません。明日どこまで溜まっているか、気になります。
 一方昨日シートを剥がしたコシヒカリの苗、一日でかなり大きくなっています。色ももう殆ど緑になっています。マンゲツモチと朝紫のネオポリシャインシートも、今朝外しています。

入水を始めた山の下の田圃ハウスのコシヒカリの苗箱コシヒカリの苗の様子 左から入水を始めた山の下の田圃、ハウスのコシヒカリの苗場の様子、そしてコシヒカリの苗の様子です。ハウスはサイドも開放して、あまり温度が上がらないようにしています。

 出の良くない水で、山の田圃が何時満水になるか、全く読めません。早く溜まって、畔の手入れをしたいのですが。苗の方は一応順調な感じですから、後は毎日水やりを忘れないことです。

  • 4月5日

 山の二枚の田圃荒代掻き実施。

 山の二枚の田圃、水がやっと代掻き出来る水位まで上がったことで、今日は荒代掻きの実施です。朝方から風が強く吹く中、下の田圃は設定ミスで手こずりました。水田用の鉄車輪の付け方を、左右間違えてしまい、とんでもないことに。おまけに畑用に付けていたフロントウエイトを外し忘れ、ともかく耕運機が前のめりになってしまいました。上の田圃の代掻きを始めたところで、鉄車輪の向きが違うことに気が付き、やっとまともに代掻きできるようにはなりました。でもやはりフロントウエイト10kGH重すぎて、何故外さなかったか、悔やまれます。

荒代掻き後の上の田圃荒代掻き後の下の田圃 左が代掻き後の上の田圃、右が同じく代掻き後の下の田圃です。下の田圃の左上の所に大きな土の塊が残っています。これは鉄車輪に絡みついた泥がごろっと落ちたものです。近い内に治す必要があります。鉄車輪を付け直した上の田圃はだいたいきれいに仕上がっています。これでもう少し水を入れて、暫く放置の感じになります。水位の下がる前に下の田圃は直したいものです。

 代掻きはクボタの古いディーゼル耕運機KRA-95、セルなしを使っていますが、兎に角エンジンの掛かりが悪く、いつも苦労しています。簡単に掛かるようになると良いのですが。そのためタイヤから鉄車輪に変えるときもエンジンを止めずにことにしています。
 ハウスの苗の方は今の所順調に生育しています。毎日水やりは忘れないようにしていますが、その手間を省くには、田圃へ苗箱を移すことが必要で、そちらも大変ので、まだどうするか決めていません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5367)


Counter: 127, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional