温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-6。

  • 3月24日

          前に戻る     次へ進む

 催芽がやっと終わった。

 催芽を始めて42時間、やっと終えることになりました。まだ十分な状態ではありませんが、切り上げることにしました。浸種が不十分なための結果かと思われます。やはり十分な浸種が必要です。今年は催芽水温に十分気を付けていたにもかかわらず、いつも二倍近い時間がかかってしまいました。今頃の時期かなり朝の気温が下がりますから、浸種お時間に関しては来年からは注意が必要です。

洗濯機で脱水後、日陰で保管です。催芽後の種籾。 催芽の最後には、種籾をお風呂にそのまま入れています。周りに付いた酢を取り除く意味もあります。右は催芽後の種籾の様子です。いつもの年に比較すると、催芽の状態が不十分です。でも一応かなりのものが鳩胸状態になっている感じです。朝紫、マンゲツモチも一緒に催芽していますが、マンゲツモチが一番遅れている感じです。

 さあこれで準備が整いました。明日は播種となります。去年は苗箱一枚あたり、催芽籾110grで播種しましたが、今年は170grにすることとしました。田圃を始めた頃は、40gr狙いで行っていたことを考えると、とんでもなく密播になります。苗の状態は当然稚苗となってしまいます。苗の植え付け間隔も、昨年は30cm程でしたが、今年は18cm程度になるかと思っています。このような変更して、秋の収量がどの様になるか、非常に気になるところです。
 播種が終われば、山の田圃の管理を真面目に考えることが必要になります。予定としては土が良く乾いた状態で一度トラクターを入れ、その後水を入れて、時間が経ってから、代掻きを行うつもりです。代掻きは一回にするつもりですから、トラクターでは少し細かく土を耕そうかと思っています。水持ちの悪くない田圃ですから、水止の意味での代掻きではなく、均平化と雑草の防止を目的に行おうかと思っています。そのため代掻きは田植えの一週間ほど前になるかと思っています。でも果たしてどうなるのか。

  • 3月25日

 播種が終わりました。

 今朝は催芽の終わった種籾を、早速播種しました。目標としては170G/箱ですが、やや少なめな感じです。先日床土入れに使用した播種機で、潅水、播種、覆土で完成です。

播種開始播種完了ネオポリシャイン被せ 左から播種準備完了、播種完了、ネオポリシャインシート掛け完了です。苗箱を枠組みの上に設置したところで、念のため散水しています。これで後は発芽を待つばかりです。

 今日播種した種籾は、催芽が必ずしも十分ではないため、芽が出るまで時間がかかりそうです。問題はやはり天気、良い天気が一週間も続けば良いのですが、週末には気温がかなり下がるとの予報。気になります。今年は播種量を稚苗対応で行っていますが、育苗を田圃で行うかどうかは、まだ決めていません。田圃で行うと、温度が低いためか、育苗にはかなりの時間を必要とするようになります。ハウスで中苗に育てるという考えもあります。どこかで決める必要があります。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7612)


Counter: 120, today: 3, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional