温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-24。

  • 9月28日

          前に戻る     次へ進む

 久しぶりの朝からの晴天。早速山の下の田圃、切藁を広げ、籾殻と米糠を散布です。

 今日は本当に良いt延期です。朝から空は真っ青で、雲一つありません。そこでまだ乾燥の少ないマンゲツモチを、庭の坂でお天日干し、そして山の下の田圃のマンゲツモチの跡地、秋お越し前の最終仕事です。

切藁を広げたところ籾殻を散布したところ米糠を散布したところ 左からハーベスターで切った藁を広げたところ、そしてその後籾殻を2袋散布、更に右は米糠2袋を散布したところです。田圃は水溜りが方方に有り、作業にはかなりの時間がかかりました。

 コンバインで収穫した場合は、切藁はかなり均等にバラ撒かれますが、ハーベスターでは数箇所に固まってしまいますから、あとでレーキ等でばらまく必要があります。
 これで田圃から採った物はお米(白米の部分)を除いて全て返したことになります。山の上の田圃には籾殻がまだ戻してありませんが、いずれ戻そうかと思っています。それよりも気になるのは、切り株から出てきた新芽で、山の上の田圃は既にかなりの背まで伸びてきています。秋お越しの前に刈り取るかどうするか、迷っています。きれいにすき込むには、草刈り機で刈りとったほうが良いのですが。特に山の田圃は耕運機で耕しますから。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5887)


Counter: 34, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional