温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2017-04-10

田圃を楽しむ-10。

  • 4月10日

          前に戻る     次へ進む

 山の二枚の田圃の代掻き。上の田の代掻き中耕運機が止まってしまった。

 明日は雨の予報です。それも雨量がかなりの量に。そこで今日山の二枚の田圃代掻きを行いました。下の田圃を最初に、そして次に上の田圃をその後で行ったのですが、上の田圃の代掻きを3/4程終わった所で、耕運機が止まってしまいました。日頃の運動不足の性か、足がつってしまい、耕運機のアクセルを弱めた所で、止まってしまい、起動不可能になってしまいました。何度クランキングして動かず、動かすことはあきらめました。

代掻きの終わった下の田圃上の田圃の真ん中程で止まってしまった耕運機トラクターで田圃の入り口まで移動した耕運機 左は代掻きを終えた山の下の田圃、真ん中は上の田圃の真ん中で止まってしまった耕運機。そして右は田圃の入り口まで何とか引き出した耕運機です。引出しはトラクターで行いました。

 耕運機が止まってしまった原因は未だ不明です。クランキングが多少軽い感じがしますので、ひょっとした圧縮不良かも知れません。田圃の真ん中では修理は出来ませんので、トラクターで引き出そうとしたのですが、田圃の入り口にまで持ってくるのがやっとで、後はどうにもならず、ここで修理することになります。エンジン周りはかなり錆びていますから、果たして自分で治せるかどうか、分かりません。以前一度シリンダーヘッドの部分の増し締めを行って、エンジンの逆回転を直したことは有るのですが。シリンダーヘッドのナットの増し締めは、かなり大変な作業になりそうです。
 山の下の田圃は今日二度目の代掻きを行ったことで、ザリガニなどに穴を開けられない限り、水持ちは良くなりそうです。排水口部分は要注意ですが。
 山の上の田圃はどこからともなく水が漏れて居そうです。今日代掻きを行ったことで、多少なりとも改善されると良いのですが。
 勝負田は今日二回目の代掻きと、苗箱移動に向けて、水位を下げています。ここは代掻きを終えたらザリガニ対策のために除虫菊パウダーを散布する予定です。そしてその後苗箱の移動になるかと思います。苗箱は山の下の田圃にも移動する予定で、その意味からも水漏れは出来るだけ抑えたい所です。

  • 4月12日

 勝負田、押切の三角田,一気に最終代掻きの実施。

 昨日までの雨で、田圃の水位は設定水位まで上がっています。代掻きの実施には水位が高すぎますが,思い切って最終代掻きの実施です。
 ハウスの苗箱は今日午後二回目のローラー掛けを行っています。でもやはり目指す苗の姿からは程遠く、徒長の感じです。

代かき後の勝負田代かき後の押切の三角田ハウスの苗箱の様子 左が代かき後の勝負田、真ん中が同じく代掻き後の押切の三角田です。そして右は二度目のローラー掛けを行ったハウの苗箱です。苗はかなり背丈を伸ばしてしまっています。

 ハウスのサイド、妻面の換気は、日中は開けているのですが。伸びすぎですね。苗の色は前回の写真に比較するとかなり緑なって居ます。
 明日は押切の四角田の代掻きを予定しています。今年はJAへ出荷する、押切の三角田、四角田には除草剤を使う予定で、最終代かきが終わればスタンバイの状態です。
 勝負田は去年と同様に農薬は一切使いませんから、先ずはザリガニ対策の除虫菊パウダーの散布になります。そして落ち着いたところで、ハウスの苗箱を移動する予定です。
 山の上の田圃に起きっぱなしにしている耕運機、今日色々と分解してみましたが、直らず、田圃に置いたままでの修理はあきらめて、先ず田圃から引きずり出す事を検討することにしました。直すのはその後かになります。

  • 4月13日

 押切の四角田、川沿いの桜を見ながら最終代掻き終了。

 今日は天気予報とは異なり、朝方は雨が降っていました。そんな中カッパを着ての代掻きです。でも雨は暫くして止みました。今日は川沿いの桜がほぼ満開で、桜を見ながらの代掻きになりました。、

代掻き中の押切の四角田 奥にほぼ満開の桜が見えます。暖かい所と言われるわりには、桜の開花も満開も遅いです。そして左側は昨日代掻きを行った三角田です。四角田の方の水位は三角田よりは低いのですが、それでも代かき後の土は全く見えません。これで山の上の田圃を除いて、代掻きは終わりです。
 今日は勝負田の土手の草刈も終えています。明日には除虫菊パウダーの散布予定です。そして初めての事ですが、押切の二枚の田圃に初期除草材を散布予定です。今年は除草用に米糠も用意してありますから、田植え後これも散布の予定です。

 去年は押切の四角田は雑草と共にザリガニの相当やられています。その対策が除虫菊パウダーなのですが、除草刺に多少の魚毒性があるとのことで、ザリガニに関しては、これに期待する感じになります。

  • 4月14日

 押切の二枚の田圃、山の二枚の田圃に除草剤(農将軍フロアブル)散布。そして勝負田に除虫菊パウダー1Kgを20リッターの水に溶かして散布。

 除草剤は使いたくは無いのですが、どうしてもコナギには勝てない事と、JAへの出荷分に関しては、出荷の時点で他のお米と一緒にされてしまい、無農薬の意味が無いことから、押切の二枚の田圃に関して、除草剤を使うことに。そして昨年同じくコナギに徹底的にやられてしまった山の田圃、こちらにも除草剤を使うことにしました。でも勝負田に関しては今まで通り無農薬で行うことにしていて、今日はザリガニ対策の、除虫菊パウダーの希釈液を散布しています。

今日のハウスの苗箱の様子コシヒカリマンゲツモチ朝紫
 今日のbハウスの苗箱の様子です。大分揃ってきています。 コシヒカリの苗箱の様子です。 マンゲツモチの苗箱の様子です。 朝紫の苗箱の様子です。

 ハウスの苗はかなり大きくなり、何時でも田圃へ移動可能な状態になりました。明日から勝負田に移動を考えています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8828)


Counter: 383, today: 3, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional