温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2017-03-22

田圃を楽しむ-7。

  • 3月22日

          前に戻る     次へ進む

 コシヒカリ、マンゲツモチ、朝紫の播種実施。

 催芽を終了して3日、今日は朝から苗箱への床土入れから、播種まで一気に実施です。苗箱の数は全部で149箱、一度に撒く苗箱の数としては最大です。また苗箱辺りの種籾は100grで、これも今までにない量です。昨年は70gr/箱ですから、4割ほど多い感じです。理由は今まで苗間隔を30cm以上としていたところを、18~20cmに変更するためです。今まではあまりにも疎植過ぎて、株の背丈が伸びすぎて、倒伏してしまうものが多くあったための対策です。

床土入れ。床土を入れた苗箱149個播種完了ネオポリシャインでカバー完了
 苗箱への床土入れがほぼ終わったところ。播種機を使っての床土入れです。 床土を入れた苗箱をハウスに積み上げたところで、149箱あります。 播種機での播種を終え、ハウスに並べたところ。この後少し散水をして、水気を補っています。 苗箱の上にネオポリシャインシートを被せたところです。後はそのまま発芽を待ちます。

 一番問題なのはこの後発芽が揃わないことです。催芽が」揃わないのと同じ事のようです。今日は天気も良く、苗箱は置いておくと表面が乾き始めるほどでした。そのために散水して水気を少し補っています。ネオポリシャインシートは、被せた後、裾を抑えて、水気が飛ばないようにしていますが、下面は浮かしていますから、蒸れることはないと思います。

  • 3月24日

 押切の二枚の田圃に入水開始。

 地区の田圃に水を供給する堰に問題があり、なかなかきちんとした入水が出来なかった押切の二枚の田圃、今日やっと入水出来るようになりました。早速入水を行ったのですが、四角田の暗渠排水バルブの部分で漏水が激しく、その漏水を治す必要があり、四角田の方は中止しています。漏水はまだ完全には治っていません。

三角田四角田 左が入水を始めた三角田、右が四角田です。四角田にはかなり水が入っていますが、老衰のため、入水を中止しています。三角田の方はこの後入水量を減らして、入水を続けています。四角田の漏水は暗渠の排水バルブ付近から漏れていて、簡単には止まりそうにありません。昨年もこの部分から大量に漏水していたため、冬場に手を入れていたのですが、治っていませんでした。

 山の田圃の方も水が抜けていて、今日から再び入水です。まずは上の田圃へ入水して、早い時期に代掻きを行いたいと思っています。勝負田方はそれほど水は抜けていませんから、半日ほど再入水すれば代掻きが可能になりそうです。でもトラクターがまだ治って来ていませんから、来るまでは待ちの状態です。
 トラクターはPTO部分からのオイル漏れだけではなく、ウオーターポンプも良くない状態とのことで、この部分も直すことにしています。

  • 3月25日

 山の二枚の田圃耕運機での代掻き実施。

 押切の四角田の入水は暗渠バルブ付近での漏れが激しく、中止して、漏水が少しでも減るように細工しています。一方山の二枚の田圃は一気に耕運機で第一次代掻きです。

代掻きの終わった上の田圃代掻きを始めた下の田圃と耕運機代掻きの終わった下の田圃 左は代掻きの終わった下の田圃です。真ん中は代掻きを始めた下の田圃と使った耕運機です。耕運機で均平のために角材を引いています。右は代掻きの終わった下の田圃です。

 下の田圃はそれ程ではなかったのですが、上の田圃の西側畦からはかなりの水漏れがあり、代掻き後かなり踏み固めています。また上の写真の左、上の田圃の左側、(田圃の東側になります)に土が見えますが、これは溝を埋めた影響で、高くなったもので、その後直して水平にしています。
 山の二枚の田圃はこれでしばらく様子見です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2824)


Counter: 293, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional