温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2016-10-04

田圃を楽しむ-33。

  • 10月4日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田に米糠8袋、籾殻20袋散布完了。

 昨日雨で途中までしか出来なかった、勝負田の米糠散布、今朝合計8袋、約120Kg散布完了です。それに引き続き籾殻の散布。計算違いで20袋程散布してしまいました。一袋20Kgとして400Kgになります。

米糠、籾殻散布の終わった勝負田 左が米糠、籾殻の散布を終えた勝負田です。勝負田の収量は籾にして950Kg程度ですから、そこから出る籾殻は280Kgr程度で、400Kgはオーバーな感じです。糠の方もかなり多めに撒き過ぎの感じです。籾殻を田圃に鋤き込むと、窒素成分が不足気味になるそうですが、糠をかなり散布してあるので、これでチャラに出来ないかと思っています。去年は籾殻を15袋鋤き込んで、硫安を数キロ散布しています。今年はどうするか。
 今日は田圃を歩きながら、猪が開けた穴の処理を行っています。更に隣の田圃との堺の畦の処理も一部行っています。こちらは来年の畦切、畦塗りで本格的な修理を行う予定ですから、仮の修理です。

 今日米糠。籾殻を散布しながら田圃を歩いていますが、昨日の雨で田圃の面はかなりぬかるんでいます。これではトラクターは入れられません。
 次はいよいよ山の田圃です。こちらはまず何から手を付けてよいのやら、非常に迷う所です。先ずは下の田圃のマンゲツモチの藁のカットからでしょうか。その前にコナギのカットがありそうです。でもこの天候ではとても田圃には入れません。ある程度乾くのを待つことになりそうです。山の田圃の近くで、猪が罠にかかったとのことです。これで多少なりとも被害が減ると良いのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7517)


Counter: 299, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional