温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2016-05-10

田圃を楽しむ-18。

  • 5月10日

          前に戻る     次へ進む

 押切の三角田に米糠散布。

 最後の米糠散布、押切の三角田に行いました。広さは13アール程度ですが、散布した米糠はやや多く、米袋で7袋、105Kg程度行っています。ここは気を付けないとマツバイが大量に生えてきますから、その対策です。更にコナギも毎年大量に生えています。

米糠散布を行た三角田7日に米糠散布した押切四角田 左が今日米糠散布した押切の三角田です。今日は風も殆ど無く、米糠散布には最適な状態で、散布した米糠は全体に拡がっています。そして右は7日に米糠散布した押切の四角田で、」米糠は全て田圃の底に沈んでいる様です。昨日は雨が降りましたから、そのおかげもあるかと思います。今日も夕方から雨が予報されていて、降れば好都合です。三角田もかなり欠株が目立ちますが、山の田圃の方がより多く欠株が有る様で、もう一度補植を行う必要が有りそうです。

 これで全ての田圃の米糠、屑大豆散布は終わりました。今年初めて屑大豆の散布を行っていますが、米糠と合わせて行っているので、その効果の程は分からないかも知れません。
 今日米糠散布で押切の三角田を歩きましたが、やはり田圃の周辺は土が柔らかで深く、問題だと感じています。田圃がまともに近かったのは勝負田だけで、その勝負田の植付状態が一番良いようです。何とか全ての田圃が勝負田の様になると良いのですが。

 春起こし無しで、一気に代かきと言う方法も有るか。

 近所の田圃で、秋起こし、春起こし無しで、一気に代かきを行い、田植を行った人が有ります。これで問題が無ければ、家の田圃にとっては、最適な方法と言えるでしょう。ただ秋起こしに関しては、稲わらや、米糠を鋤き込む目的が有りますから、省くわけにはいかないかと思います。春先田圃に水を入れて、畦を切り、更に畦塗りまで行って、代かきを行ってしまう。そして田植えを行うことになります。山の田圃は柔らかすぎ、深すぎで、トラクターを入れられず、耕運機で代かきを行っていますが、これが田圃の面を荒らしている原因の一つになって居ます。トラクターで一気に代かきが出来れば、大変良いかと。近くの田圃の様子を見ながら、試してみる価値は十分に有るかと思います。
 秋起こしの後一度水を張り、土を落ち着かけて、水を落とすことが出来れば最適化とも思っています。

  • 5月12日

 山の二枚の田圃の二回目の補植実施。山の上の田圃はコナギが大量に発芽している。

 山の田圃は一度補植したにも関わらず、かなりの欠株が見られます。そこで今日二度目の補植を行っています。山の下の田圃はマンゲツモチを作付ていますから、大事にしたいので、慎重に行っています。山の上の田圃は、コシヒカリを作付ていますが、水深の浅い部分で、良く土が現れている部分を歩いてい見て、びっくり。大量のコナギが発芽していました。仕方なく手で土をかき混ぜ、更に水深を深くして、発芽した新芽を浮かす対策を行っています。でもこれで完全に取れるわけでは無いので、後日再び除草が必要になります。この先が思いやられます。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3961)


Counter: 670, today: 1, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional