温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2016-04-08

田圃を楽しむ-13。

  • 4月8日

          前に戻る     次へ進む

 苗箱の苗がそろそろ田圃へ移動する時期になりました。

 3月18日に播種して21日、ネオポリシャインシートを剥がして11日、苗箱の苗は概ね1.5葉期から、早いものでは2葉期を迎えています。今の所病気の発生も無く、順調に育っている様です。そろそろ田圃への移動を考える時期になりました。

ハウス全体の様子コシヒカリ朝紫マンゲツモチ
 ハウス全体の様子です。かなりムラが無くなっています。 コシヒカリの様子です。未だ生育のばらつきが有ります。 朝紫の様です。ちょっと疎になって居ます。 マンゲツモチの様で、こちらもやや疎な感じです。

 生育の遅れている苗箱は、未だ1葉期を迎えていないものも有りますが、全体的には1.5葉期になっている感じです。プール育苗ならそろそろプールへ入水の時期になって居ます。今年もプールは作らず、直で田圃に移動する予定で、田圃でもその準備が必要になって居ます。
 今までは全ての苗箱を勝負田に移していましたが、今年は各々の田圃に必要な枚数を移動しようかと思っています。ただ水深の管理が問題で、果たして押切の田圃への移動が可能かかどうか、難しい所です。昨日はかなりの雨が降り、全ての田圃が満水状態になっていて、今日二回目の代かきを行おうと考えている勝負田の水位を下げています。二回目の代かき後、ザリガニ対策の除虫菊パウダーの散布を行い、水位を調整して苗箱の移動になるかと思います。押切の二枚の田圃、山の二枚の田圃も、同じように行いたいと思っているのですが、果たしてどうなるか。

  • 4月9日

 苗箱の移動の為、勝負田の二度目の代かき実施。

 苗箱を何処の田圃に移動するか、色々と検討をしたのですが、やはり全部勝負田へ移さざるを得ないことになりました。水深の管理が一番し易く、かつ水位が安定に保てる事に加えて、調整も容易なことからです。押切の田圃は水位の変化が大きく、山の田圃は水位が深すぎるためです。山の田圃の水位を下げれば対応が可能かと思いますので、一部はこちらに移しても良いかと思っています。
 今日は勝負田の水位を苗箱移動が可能なまで下げ、代かきを行っています。代かきにちょど良い水位が、苗箱移動に丁度良い水位で有ることも、勝負田に移動することを決めた理由でもあります。それにして勝負田の水位はとてつもなく深くなっていて、抜くのに丸一日かかってしまいました。
 押切の四角田、水漏れが激しくて、困っていたのですが、何故か一昨日以来、かなり少なくなっています。一部土手を補修したり、波板を補修したりしていますが、何が効いたのか良く分かりません。明日又水位を確認して、水漏れが少なくなったかを確認したいと思います。こちらも水位が代かき出来るレベルになったら、最終の代かきを行いたいと思っています。

  • 4月10日

 勝負田に除虫菊パウダーの水溶液散布。

 二年前からザリガニ対策に除虫菊パウダーの酔余液を使っています。約20リッターの水に、1Kgの除虫菊を溶かし、畦際に如雨露で流し込みです。20りーったーで勝負田の畦際に丁度良い量になります。除虫菊パウダーの水溶液を畦際に流し込むと、適当にザリガニを退治してくれて、稲に被害の無い程度にザリガニが減ってくれます。
 今日は苗箱の移動を予定していましたが、明後日12日は朝方気温がかなり下がると言うことで、延期です。明後日には行えそうです。

 押切の四角田、土手からの水漏れは砂質層の存在か?。

 どうしても水漏れが止まらない、押切の四角田、排水溝沿いの東側土手。今日大分前に杭などを打ち込んだ部分を掘ってみました。すると途中から水が浸みだしている部分に行きあたりました。土手の表面から50cm以上の深さの所、下の方から出ている様です。そこで更に掘ってみると、砂質層に突き当たりました。この砂質層の深さは水の下で分かりませんが、粘土が出て来る部分まで掘って、粘土で埋め戻しました。もしこの砂質層が原因で、水が漏れているなら、この層が田圃の方位まで続いていると言うことになります。何と言うことか。この後もう少し様子を見て、この部分の水漏れが止まる様であれば、他の二箇所も掘ってみる必要が有りそうです。

  • 4月11日

 押切の四角田の土手からの水漏れはやはり砂質層の存在。

 昨日漏れている部分の土を掘り起こし、砂質層の存在を確認して、その部分を粘土で埋め込んだ所、今朝の確認で水漏れは完全に止まっていた。ただ田圃の水位自体も下がっていたので、確実とは言えないかも。そこでもう一か所漏れて居る部分の土を掘り返して、砂質層の存在が有るのかどうか、有ったら又粘土で埋め戻して、水漏れが止まるかどうか、確認してみたい。
 明日はもう一度押切の二枚の田圃の代かきをしようかと思っている。水漏れを抑えるのが主目的になりますが。
 そして明日は苗箱を勝負田に移動することを考えています。全部を移動するか、一部分にするか、難しい所です。苗としては全て移動可能の状態です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0212)


Counter: 660, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional