温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2016-03-05

田圃を楽しむ-7。

  • 3月5日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田はほぼ満水に、そして山の上の田圃の荒代かきを行いました。

 昨日から少しづつ水を入れていた勝負田、ほぼ満水になりました。明日から雨が降りそうで、それで満水になるかと思います。山の上の田圃には午後から水を追加し出して、ほぼ代かきが出来る状態になり、荒代かきの実施です。山の下の田圃は未だ水位が高すぎて、代かきは出来ませんでした。

ほぼ満水の勝負田荒代かきの終わった山の上の田圃未だ水位の高い山の下の田圃 左はほぼ満水になった勝負田。真ん中は荒代かきの終わった山の上の田圃。そして右は未だ水位の高い山の下の田圃。上の田圃の代かきは、年代物のディーゼル耕運機で行っています。思い柱を引っ張りながら。

 山の上の田圃、一応荒代かきのつもりですが、これが最終になるかも。田植えまでは未だかなりの日にちが有りますから、その時に土がどうなっているかです。本当は下の田圃も水を多少抜いてでも代かきをしたかったのですが、時間が足りませんでした。明日は予報では午前中から雨、これでは代かきは無理かも。雨の降り出しが遅れる様であれば、代かきしたいのですが。
 代かきをした感じでは、勝負田はもう一度必ず代かきは必要ですが、山の上の田圃はその必要性は低い様です。それだけ土が柔らかだと言うことの様です。

  • 3月6日

 山の下の田圃の荒代かき完了。

 今日は雨が降るとのことで、朝早めに昨日行えなかった山の下の田圃の荒代かきを行いました。

荒代かきを終えた山の下の田圃 荒代かきの終わった山の下の田圃です。水はちょうど位の状態で代かき出来ましたが、代かきしたことで、ザリガニか、モグラの穴を開いてしまって、水漏れを起こさせてしまいました。最初からこんな状態では先が心配になります。雨は今日午後から明日に掛けて降る予報で、出来れば10mm以上は降って欲しい感じです。でも今はお日様が出ています。
 これで押切の田圃を除いた3枚の田圃に水が入りました。3枚共基本的には水持ちの良い田圃ですから、それ程水管理に来は使わなくて済むかと思っています。でもモグラが多い感じなので、穴を開けられたら一気に漏れてしまいそうです。

 押切の二枚の田圃に関して、もう一度起こすかどうか、迷っています。雑草がかなり生えて来ていますから、気にはなるのですが、土の状態が柔らかい部分が多いので、やらなくても良いかとも思っています。もう一度よく確認して、どうするか決めたいと思っています。

  • 3月7日

 押切の二枚の田圃、暗渠のバルブを閉め、排水ゲートの高さ設定。

 昨日からの雨は、多分20mm以上降ったかと思われ、勝負田、山の二枚の田圃はほぼ満水の状態になりました。押切の三角田は暗渠バルブは一応閉めてありましたが、排水ゲートの設定がまだで、四角田の方は未だ暗渠バルブも閉めてありませんでした。三角田には水が溜まり始めていて、波板への土寄せは十分に出来る状態になって居ます。そこで四角田の方も暗渠バルブを閉め、三角田共々排水ゲートの設定を行いました。これで押切の二枚の田圃は追加の春起こしをせず、波板に土を寄せ、水を貯めて荒代かきを行うことになるかと思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2893)


Counter: 648, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional