温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2016-02-29

田圃を楽しむ-6。

  • 2月29日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田の畦切、畦沿い耕起、そして押切四角田に醗酵鶏糞8袋120Kg散布。

 明日から3月になります。残っていた勝負田の畦切を一昨日行っています。そして昨日切った土を崩すために、畦沿いにトラクターを入れ、更に耕運機まで入れています。
 押切の四角田、今年は米糠が期待出来そうにないことから、肥料気として醗酵鶏糞を120Kg散布です。押切三角田は昨年菜花を冬場作付た事が原因と思われる、肥料気不足に見舞われいますから、この春既に醗酵鶏糞が追加散布されています。籾殻を大量に入れた勝負田、そして山の下の田圃にも、追加の醗酵鶏糞が散布されていますから、散布無しは山の上の田圃だけになりました。

勝負田の西側畦沿い 左は畦切、その後でトラクター、耕運機で耕起した勝負田西側畦です。西側と、南側畦は、猪に徹底的にやられていて、畦を切った土を畦の上に載せて、直しながらの畦切です。何故猪にやられてしまったのか、原因は良く分かりません。別にミミズが多いわけでは無いのですが。又田圃の北西角地周辺と、北東角地周辺はぬかるみが発生し易いので、切った畦土を田圃側に投げ込み、少しでも高くしています。そしてそこに出来た山も、耕運機で均しています。更には畦では無い北側土手の下も切って、その土を田圃側に移動です。これで多少なりともぬかるみが収まってくれると良いのですが。勝負田は早い時期にトラクターで起こしていますから、これで入水準備完の感じです。後は何時入れて畦を塗るかです。

 押切四角田の方は、波板の内側を切って、切った土を耕運機で耕起して、砕いています。そして昨日醗酵鶏糞120Kg散布散布しています。こちらも春起こしは一度行っていますが、かなり雑草が目立つので、更に耕起するかどうか、迷っています。今生えている雑草は、水を入れて、代かきすれば無くなると思いますが、昨日醗酵鶏糞を散布していますので、掻き回したい事は事実です。

  • 3月1日

 勝負田に畦塗りの為、仮入水開始。

 3月になったと言うことで、勝負田に畦塗りの為の入水を始めました。

勝負田に仮入水開始 勝負田の北西角地(入り口部分)から見た勝負田です。少しづつ水が入っています。本当は西側畦に開けられた穴を埋めてからと思いましたが、面倒なのでそのまま入水です。これで水が有る程度溜まりましたら、暫く放置して畦塗りを行う予定です。
 畦塗りの終わった山の二枚の田圃、今の所水は抜けていません。しかし上の田圃の北西角地付近、同じく下の田圃の北西角地付近にはモグラの穴がかなりの数確認できています。これがこれからどうなるか、非常に気になるところです。押切の四角田、西側の土手際の雑草が非常に目立つため、耕運機を入れています。

 押切の二枚の田圃、どうするか未だ迷っていますが、多分このまま水を入れてしまうのではと思っています。
 午後8時過ぎ、勝負田を見た所、大体水は回っている様です。未だ一部で漏れており様ですが、これは代かきをしないと止まりそうにない感じです。これで明日以降畦塗りが出来そうです。

  • 3月3日

 勝負田の畦塗り一応完了。

 今朝は一面霜が降りていました。井戸には薄く氷が張り、真冬並みの寒さでした。それでも日が当たり出すと急激に暖かくなり、風は強いものの春の陽気です。花粉もかなり飛んでいて、マスクが欠かせません。勝負田は昨日から畦塗りを開始し、今朝二度目の塗りを行いました。

西側畦南側畦 左が勝負田西側畦で、右が南側畦です。南側はまあまあの感じになって居ますが、西側はもう一度塗りが必要な感じです。田圃の水の溜まり方を見ると、田圃の高低差が大体把握出来ます。各コーナーの高い部分は既に土を中側に移動済ですが、全体の均平は簡単には直せません。畦塗りが終わったら、少し水を入れて代かきを待つ状態にしようかと思っています。その為あまり水深を深くは出来ません。土が見えるかどうか程度の水深にするつもりです。

 今の所今まで少し漏れていた所も、無くなり、畦や土手からの水漏れは無くなりました。勝負田でこれからやりたいと思っているのは、西側畦の上面の均平化です。猪に荒らされて凹んだ部分に土を入れていますが、凸凹になって居ますから。

  • 3月4日

 勝負田の畦塗りの仕上げ、そして一気に荒代かきを実施。

 今朝勝負田の畦塗りの仕上げを行い、午後からは一気に荒代かきを行いました。

荒代かきを行った勝負田 写真は荒代かきを終えた勝負田です。田圃から出る時、危うくトラクターをスタックさせる所でした。入り口部分の段差を大きくし過ぎたためで、轍を大分深くしてしまいました。明日にでも直す必要が有ります。更に方々で土が出て居る部分が目立ち、多少修正が必要な様です。水位を上げるため、代かき後水を入れています。入れ方は弱くしていますから、明日朝まではかかりそうです。畦塗りを終えていますから、荒代かきを行えば、水漏れは殆ど無いと思います。こんなに早く水を入れるのは、雑草の生えるのを少しでも抑えるためで、これからは出来ることなら、土が水面から出ない程度に水位を保ちたいと思います。水位がどうなるか、注意が必要です。

 次は畦塗りの一応終えた山の田圃の荒代かきを行う予定です。ただ下の田圃に間違って水を入れ過ぎてしまった為、水位の下がるのを待つか、水を抜く必要が有ります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0073)


Counter: 658, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional