温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2015-09-12

田圃を楽しむ-30。

  • 9月12日

          前に戻る     次へ進む

 JAへの出荷日程を更に遅らせて、15日~17日に。勝負田の刈り取り開始。

 押切の二枚の田圃、籾の登熟が今一つです。このところ続いていた低温と、長雨の為かと思います。そこでJAへの出荷予定を更に遅らせて、15日~17日に変更しました。最初の日程より5日遅れになります。問題は天気ですが、一応16日までは良さそうですので、当てにすることにしました。
 一方勝負田ですが、相変わらず猪が侵入して、畦、土手、更には田圃の中にまで入っています。電気柵が馬鹿にされている様です。そこで今日は高さの設定を少し高くして、今までとは違うの事を知らしめるようにしておきました。
 押切の田圃の収穫予定を15日からに変更したことで、今日から勝負田の収穫を始めることにしました。バインダーで刈り取るにも、コンバインで収穫するにも、枕地の刈り取りが必要です。そこで手刈りを始めたのは良いのですが、バインダーでやるにも、コンバインでやるにも、土が柔らかすぎる場所が各所に有ります。更には猪に踏み倒された部分もかなり有り、その辺りの手刈りで、今日は一日つぶれてしまいました。

南東部分南西角地北東部分北西入り口部分
 南東の部分で緩い部分がかなり有ります。 南西角地で、やや広めに刈っています。 北東部分で、ここもかなり緩いのと、猪に踏まれている部分。 北西入り口部分で、ここが一番緩んでいます。

 田圃の西側の畦は完全に猪に掘り返されてしまい、一番西側の畝は全て手刈りせず得ない状態で、畦から2畝を全て手刈りしています。全体的に田圃の東側が緩く、かなり手刈りせざるを得ませんでした。手で刈り取った稲束はその多くを東側土手に、後は西側畦、畦際に置いてあります。夜中に猪が又侵入してせっかく刈り取った稲束を荒らさなければ良いのですが。
 明日は朝からバインダーで刈り取りを行い、ハザに掛けて干し始める予定です。今日の作業で一応バインダーの入れる部分を確保しましたから、後はどのようにしてバインダーを田圃に入れるかです。田圃への入り口の部分がかなりぬかるみ、今日の状態ではとても入れそうな状態では無かったので、何処か侵入方法を考えることが必要です。猪にやられた畦を通るか、隣の田圃の土手を使うか、迷う所です。

  • 9月13日

 勝負田の刈り取りは2/3、ハザ掛けは1/2程終了。

 朝から勝負田のバインダーによる刈り取りと、ハザかけを行っています。昼前かなりの雨に降られ、どうなることかと心配しましたが、時間的には大したことは無かったので、服がずぶぬれになる程度で終わりました。お日様が出るかと思いましたが、雨の後はどんよりとして曇りで、気温もそれ程は上がらず、作業には最適な状態でした。

刈り取り、ハザかけ中の勝負田 写真は午後3時頃の勝負田の様子です。ハザは短いものも含めて4本作っています。午後6時少し前の状態で、刈り取りは2/3程まで終わりました。ハザ掛けは半分程度まで終わっています。
 どういうことか、今日も猪に侵入されています。刈り取って土手などに置いて置いた稲束には被害は有りませんでしたが、刈り取り前の田圃に入られ、かなり荒らされてしまっていました。明日どうなっているか、大変気になるところです。
 明日は今日と異なり、晴れて気温が上がりそうです。刈り取った稲の乾燥には最適なのですが、作業はかなりきついものになりそうです。問題はどこまでバインダーで入れるかです。

 バインダーで作業が出来ない場合は、手刈りになりますが、刈ることより、結束することの方が大変で、出来ればコンバインを入れて、脱穀したいところです。更に進んで、作業自体をコンバインで出来ればとまで考えています。コンバインが果たして勝負田に入れるかどうかが一番の問題です。

  • 9月14日

 勝負田の刈り取り、ハザ掛け終了。

 今日はバインダーを何回かスタックさせながらの作業になりました。原因は猪が穿った穴や軟弱区域。猪の穿った穴には水が溜まっていて、抜け出すのに一苦労。

北側の軟弱区域を除いて、ハザかけ完了。田圃北側の軟弱区域。何とか方付けました。 左は北側の軟弱区域を除いて、ハザかけの終了した所です。真ん中は北側の軟弱区域です。右は北側の軟弱区域の刈り取りを終了した所です。軟弱区域は手刈りと板を補助に使ってのバインダーでの刈り取りです。

 今回一輪一条刈りのバインダーの強さを実感しました。部分的にコンパネなどの板を使えば、かなりの軟弱区域でも使えることが分かりました。猪の穿った穴からの脱出にもこの板が大活躍です。一番難しいのは方向転換で、刈り取り自体は切株の上に車輪が乗りますから、殆ど問題は有りませんでした。これで勝負田の刈り取りは終わりました。最初はコンバインを使おうかとまで考えていたのですが、その必要は有りませんでした。
 さてこれで明日からは押切の二枚の田圃のコンバインによる収穫です。天気の方がその先何か怪しいので、出来ることなら明日一日で方付けられればと思っています。果たしてどうなるか。
 問題は収量です。猪にやられたり、成りが悪かったりして、昨年よりは少ない(多分二割程度)と思っています。ハーベスターで脱穀してみなければ最終的は分かりませんが。 

  • 9月15日

 押切の二枚の田圃、コンバインでの収穫完了。収量は昨年の76%。

 今日は一日好天に恵まれ、収穫日和でした。コンバインの藁掻き込み部分の雑草による詰まりは有った物の、土の状態も良かったので、殆ど問題も無く終了しました。予定では二日間掛けて収穫するつもりでしたが、かなりの高速での刈り取りを行ったことで、作業は一日で終わりました。昨年は豊作で、籾袋96袋の収穫でしたが、最初から分かっていましたが、今年は僅かに73袋でした。

収穫の終わった三角田収穫の終わった四角田画像の説明 左が収穫の終わった三角田、そして真ん中がが四角田です。右は四角田で収穫の終わった籾をライスセンターへ運び出す模様です。軽トラックが大活躍する場面です。四角田にはコナギが大量に有り、切藁が膨らんで見えます。

 これで残りは山の田圃になります。下の田圃のマンゲツモチは未だ少し早感じですが、明日あたり収穫せざるを得ないかも知れません。上の田圃のコシヒカリは何時でも収穫可能ですが、問題は土の状態です。今日歩いてみた感じでは、何とかコンバインでも入れそうです。明日はあまり天気が良くありませんが、雨さえ降らなければ、コンバインを入れようかと思っています。

  • 9月16日

 山の田圃をどうするか。マンゲツモチは未だ早いが、コシヒカリはOK。

 山の下の田圃のマンゲツモチ、バインダーでの刈り取り、ハザかけを考えています。土の締まり具合は問題ありません。従って刈り取りは19日以降となりそうです。問題は上の田圃のコシヒカリ、収穫は出来そうですが、問題は土の締まり具合です。今夜から雨が予報されていますから、収穫するとしたら今日と言うことになりそうです。コンバインが入れるかどうか、ぎりぎりの感じです。

コンバインで収穫後の山の上の田圃 ぎりぎりで有るのを承知でコンバインを入れました。ここは昨年コンバインをスタックさせた所ですから、かなり慎重に運転を行いました。南東角地周辺は緩いことが分かっていますから、かなりの範囲手刈りを行っています。でもここだけでは無く、やはり全体に緩く、方向転換のたびにひやひや物でした。直線的に動く分にはあまり問題無いのですが、片側ロックのターンは鬼門です。田圃の方々に深い轍を作ってしまいました。でも危ない場面は何回かありましたが、スタックはしませんでした。
 昨日も一度やっていますが、今日も刈刃の上の部分に有る掻き込み部分に、切藁を絡めてしまい、刈り取りストップです。二箇所の内決まって左側の歯車の根元に巻き込み、絡んでしまっています。

 今年はこれでコンバインでの作業は終わりですから、時間を見て保管前にチェックして見たいと思います。何か原因が有るかと思います。
 ここ山の上の田圃でのコシヒカリの収量は、籾袋にして14袋でした。昨年は山の上と下の田圃を合わせて19.5袋で、下の田圃が4.3袋でしたから、ちょっと少ない感じです。後は山の下の田圃のマンゲツモチがどの程度採れるかです。今の所バインダーでの刈り取り、ハザかけ乾燥を考えています。

籾のハウス乾燥 そして午後3時前から予報より早めに雨が降り出しています。コンバインで収穫した籾は、昨年と同様に、早速ハウス内に広げて、大型扇風機で乾燥です。天気が良ければ簡単に乾きますが、ここ二三日はあまり天気は良くなさそうで、お日様の出を待つ感じになります。勝負田でハザかけ乾燥中の稲束もこれでずぶぬれになりそうです。こちらの心配は、ハザに使っている材料が古いので、足が折れることです。一本足が折れると、ハザは崩壊してしまい、又昨年の二の前になってしまいます。その点ハウス内ではそのような心配は有りませんが、天井からの水の滴下が一応対策はしてありますが、多少心配になります。早く天候が回復してくれることを祈りたいと思います。

 今朝は押切の田圃の電気柵も方付けて居ます。勝負田では猪に対して効果の無い電気柵、押切の田圃、山の田圃では効果が有ります。何故勝負田で効果が無いのか、よく考えてみる必要が有ります。

 今年の田圃は方々で困ったことになって居る。

 昨日からの雨、今日は本降りになって居て、昨日からの雨量は30mm程になって居る。周りの田圃で何枚かは未だ刈り取りが出来ず、放置してある。葉色は真っ黄色になっていて、既に刈り取り適期を、はるかに超えている感じ。水が抜けていなくて、土が緩んでいる。昨日辺り柔らかい土の状態で、無理やり大型のコンバインで収穫した田圃もあちこちに見受けられる。田圃がコンバインのクローラの深い轍で、ぐちゃぐちゃになっている。今年は田圃の落水タイミングを逸した人が多いようです。今日の雨で又田圃が緩んでいる所も有るようです。家の田圃は幸いと言うか、何とか収穫は出来たのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5962)


Counter: 804, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional