温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2015-04-30

田圃を楽しむ-17。

  • 4月30日

          前に戻る     次へ進む

 今年の稲の苗作りは大失敗。朝紫だけは何とかなるか。

 生育が遅く、葉色も薄く、何かおかしいなと思っていた苗、結局使えない事になりました。勝負田に移動して何とかなるかと期待したのですが、駄目でした。勝負田に移動して第一葉、第二葉の葉色がおかしくなり、遂には枯れてしまうものも。苗としては死んではいないのですが、生育があまりにも遅く、葉色もあまり変りません。こんな調子では5月中の田植えは無理と判断して、JAの育苗センターに苗を依頼しすることになってしまいました。コシヒカリ100枚、マンゲツモチ6枚、合わせて106枚です。予定としては5月4日、5日に田植えを行うことにしました。ただ遅くに播種した朝紫は、何故か何とかなりそうなまでに育っています。
 使わない事にしたコシヒカリと、若草モチの苗箱、今日早速処分を行っています。大塚の畑では、昨日カボチャの苗を植え付けています。そこで各々の苗の周りに8枚づつ肥料代わりに置いています。材料は殆どが籾殻燻炭ですから、問題は無いと考えています。更に畑の北側にある栗や梨などの木(苗木)の周りに、各々8枚程を置いています。
 苗箱は、多少土の上に放置して置いても、水が抜けず、非常に重く感じました。この辺りが原因ではないかと考えています。苗の栽培で今年初めて行ったことは、床土を100%籾殻燻炭としたことと、床土の下に、根の張り出し防止のためにシートを敷いたことです。この組み合わせが、問題であったことも考えられますが、やはりシートを敷いたことの方がより問題であったのではと思います。
 後はカビの問題です。育苗中の気温が低く、なかなかカビが無くならず、田圃に移すまでわずかではありますが、残っていました。EMボカシを肥料として使うことも、問題であったかも知れません。カビの大元はEMボカシですから。
 更には播種の時から、育苗初期の段階まで、かなりの低温が続いてことです。色々と育苗には良くない条件が重なった様です。
 今年の失敗を来年以降にどの様に活かすか、これからもう少し落ち着いて考え、決めて行きたいと思っています。朝紫の苗だけがまずまずなのは何故なのか、ここら辺りにもヒントは有りそうです。
 田植予定の4日はまずまずの天気予報ですが、5日は曇り時々雨になって居ます。雨の場合は次の日へ移さざるを得ないかと思っています。4日は押切の二枚の田圃、5日は勝負田と山の田圃の田植えを行おうかと思っています。田圃の水位を、これから少しづつ田植え用に移行して行く予定です。多少気になるのは、押切四角田の藻です。三角田には全く見られないのに、四角田にはかなり見られます。後、今日勝負田から苗箱を引き上げた時に、小さなザリガニがかなり見られたことで、対策が必要な気がしています。

  • 5月1日

 勝負田、押切の二枚の田圃に二回目の除虫菊パウダー希釈液流し込み。

 昨日勝負田の苗箱を移動時、ザリガニをかなり見つけましたので、今日は早速除虫菊パウダーの希釈液を流し込みましおた。水20リッターに除虫菊パウダー1Kgの希釈液です。これを一枚の田圃に20リッター程、畦際に流し込みます。ザリガニ対策はこれで終わりです。効果の程は6月にならないと分かりませんが、多分大きな被害は抑えられると思います。

 勝負田の朝紫。

 苗箱で唯一使える状態に近くなった朝紫、やはり葉色はあまりさえない様です。

三枚の朝紫の苗箱朝紫の苗の様子古代米?の様子 左が勝負田に残した朝紫の苗箱三枚です。70gr/箱の播種量ですから、こんな感じです。真ん中が朝紫の苗の様子です。そして右は僅かに発芽した古代米?の苗の様子です。朝紫と同様に第四葉期になって居ます。

 コシヒカリの田植えは、5月4日、5日に行う予定ですが、朝紫はもう少し先になる感じです。朝紫がここまで生育出来ていて、何故コシヒカリ、若草モチが駄目だったのか、違いは播種の時期だけです。あと感じるのは古代米も含めて、肥料が効いていない事です。100%籾殻燻炭との関連も有りそうな気がします。来年はまず肥料を自作のEMボカシから、水稲用育苗肥料(基本はボカシ肥料)に変更し、床土を70%籾殻燻炭に戻し、箱の下に敷いたシートを使わなくする。それで床土の透水性の十分な確保を行う。これで多分大丈夫かと思います。更に播種の日程を天気を見ながら、今年より一週間程早くするのが良いかと思います。田植えを4月中に行うには、播種の時期を3月半ばあたりにする必要も有りそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9646)


Counter: 1147, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional