温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-12-26

田圃を楽しむ-50。

  • 12月26日

          前に戻る     次へ進む

 ヤンマーコンバインCA135Mのメンテナンス-11。

 今日は楊こくコンベアー上部のベアリング交換を思い切って実施です。作業にかかる前にコンバインを動かし、脱穀作業部を稼働して、ノイズの状態を確認したところ、一番嫌な音のしたのは、楊こくコンベアー上部のベアリングで、受継部のノイズは差ほど気になりませんでした。水平から、垂直コンベアーへの駆動部の平歯車にグリースアップしたのが良かったかも知れません。ベアリングの交換にはグレーンタンク部分の取り外しが必要で、かなり慎重に作業を行っています。

グレーンタンク外しベアリングハウジング外し軸の状態 左から18本の8mmボルトを外してグレーンタンク取り外し、と言っても浮かせるだけ。続いてべリングのハウジングを外します。右はハウジングを外して出て来た軸です。軸よりもベアリングの方が摩耗していました。

 ベアリングの内輪と、軸の嵌め合いががたがたですから、ベアリングハウジングは簡単に外す事が出来ませした。、新しいベアリングを軸に差し込んだ所、前よりは隙間も少なく、ベアリングの内輪側の方がより多く摩耗している様です。このベアリングには与圧などは掛けていません。

ベアリング外しベアリング組み付けグレーンタンク取り付け完了 左からハウジングからベアリングを外し、そこへ新しいベアリング組み付け、そして右はグレーンタンクを元に戻したところです。ベアリングはVVシールが使われていましたが、ZZシールを付けています。

 本来はVVシールを選ぶべき部分ですが、手元にない為ZZシールの物を使いました。使われている構造を見ると、ハウジン部の上部が解放になっていますので、その部分から異物が入り込みます。それを防ぐように、上部に蓋を付ければかなりの異物の侵入は防げそうです。ここは籾がタンク一杯になった時にオーバーフローさせる部分ですから、注意すればめったにベアリング上部に籾が来ることは無いのですが。でもタンクの中は埃が充満します。条件の厳しいストローカッターの部分にさえ、ZZシールが使われていますから、簡単にはいかれないでしょう。

 これでストローカッターの切り替えケーブルの部分を除いて、メンテナンス完了です。これから注意が必要な部分は、今年直した刈刃の部分、部品は手元に有りますが掻き込みベルト、そして色々なチェーン関係、各種オイル関係辺りです。ストローカッターの切り替えケーブルは、今灯油に浸けてあります。固着が直れば良いのですが。
 一番大切なクローラの部分は未だ見ていませんが、この部分を触りだしたらきりが有りません。未だひびなどは有りませんから、又来年落ち着いたら見てみることにしています。一応のメンテナンスはこれで終わりです。

  • 12月27日

 ヤンマーコンバインCA135Mのメンテナンス-12。

 楊こくコンベアー上部のボールベアリング交換後のノイズは、非常に少なくなりました。脱穀時のノイズは殆どが藁搬送チェーンからの物の様に思われます。楊こく受継ぎ部分のノイズもその中に埋もれてしまっています。ここまで来ると、ストローカッターの動作切り替えも可能にしたい気にもなります。

  • 12月29日

 楊こくコンベアー上部のベアリングにカバー追加。

 どうしても気になっていたベアリング、上面にカバーを追加しました。

べリングカバー これで上部からの異物の侵入は防ぐことが出来ます。ベアリング下面からの侵入はどうしようも有りませんが、面積的には効果は有ると思います。又コンベアーシャフトの上部には、大きな傘上のプレートが付いていますから、回転中はその部で異物を外側へ吐き出しますから、回転中は問題無いかと思います。回転が止まった状態ではどうにもしようは有りませんが、その状態ではベアリングへの異物の巻き込みは無いかと思います。
 これで今年の作業は終わりです。Vベルトの寿命等を考えると、出来ることなら二週間に一回程度はコンバインを動かて置きたいものです。一年に二三日では痛むのも当然かも知れません。
  • 12月31日

 ストローカッター動作切り替えワイヤーケーブル油浸。

 ワイヤーケーブルの固着解消方法をネットで探していて、参考になりそうな物が有ったので、実際に行ってみました。

ワイヤーケーブルに油たらし ワイヤーケーブルを垂直に垂らして、上からオイルを注ぎ、ワイヤーケーブルのインナーとアウターの隙間にオイルを入れて、多少なりとも錆などを油浸しにしようと言うものです。固着していると思われる部分を下側にして、垂直に吊るし、上部にビニール袋を油が漏れないようにしばりつけ、袋の中に少しでも浸透性を確保するために、CRC-556を容れています。最初は泡がかなり出て来ますが、放置して置くと、泡は殆ど出なくなっています。このまま放置して、下側から油が垂れ始めてくれれば目的達成なのですが、簡単には出て来そうに有りません。下側から真空ポンプで吸うことが出来れば、一番なんですが。何日かこのまま放置です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6726)


Counter: 1224, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional