温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-07-22

田圃を楽しむ-32。

  • 7月22日

          前に戻る     次へ進む

 押切三角田出穂、四角田の出穂は明後日?。

 押切三角田の穂が50%ほど出たと考えて、出穂としました。押切四角田は全体として見た時、未だ30%程度の穂しか出ていないと感じています。そして勝負田は10%程度の出穂率です。

押切三角田押切四角田勝負田 左が押切三角田で、かなりの穂が確認できます。真ん中が四角田で、三角田に比較すると穂の出方が少ないです。そして右が勝負田で、穂の出方は更に少なくなっています。四角田は明日か明後日には出穂と思われます。

 勝負田の方はあと数日、一週間はかからずに出穂すると思われます。四角田の方が前端としてのばらつきが大きい感じです。見方によっては三角田とほぼ同じと見えるかもしれません。

 山の田圃はやはり一番遅れているか。

 一方山の田圃は田植えが遅くなった分、出穂は遅れていますが、下の田圃は思いのほか進んでいる様です。下の田圃は昨日ザリガニに穴を開けられて、水を殆ど抜かれてしまいました。やむなく夜中じゅう水を入れて、満水にしています。

山の上の田圃山の下の田圃 左が山の下の田圃です。10%弱の出穂かと思います。右は植えの田圃で、5%未満の出穂かと思います。下の田圃はひょっとすると勝負田とどっこいどっこいかと思われます。使った苗が上と下で違ったのかも知れません。稲の生育は田植え時期に依存すると同時に、播種時期にも依存しますから。山の上の田圃に使用した苗は、間違いなく一番遅く播種した物です。下の田圃にはその次に遅く播種した物だとおもいますが。

 昨日二日間止めていた入水を、再開しています。そしてびっくりしたことが起きています。夜8時前無図を止めに行った時、三角田の水口の辺りから、かなり多くのザリガニが、並んで道に出て来ていました。こんなことは初めてです。勝負田では以前側溝の部分にかなり大量に集合していたことは有ります。今日も水を入れていますから、ザリガニがどのようになっているか、楽しみです。

 トラツグミの鳴き声。

 先週の土曜日の夜、初めて聞いた”キーン”と言う音、かなり気味悪い物でした。ネットで色々と調べた所、音の主は”トラツグミ”でした。ここへ来て7年、初めてのことかと思っていたのですが、良く考えてみると、昼間でもかなり聞いていることが分かりました。普通に聞いている鳴き声は、かなり小さな音で、かなり注意しないと聞き逃すような音です。畑で仕事をしている時も、注意して聞いていると、”キーン”と言う声が聞こえます。今までは聞き逃していたようです。それにして夜、大きな声で無くトラツグミは不気味です。

  • 7月23日
              

 押切の二枚の田圃はほぼ穂揃い、勝負田と山の下の田圃はそろそろ出穂。

 穂の出方の読みを間違えている感じで、生育の平均的な所を見ると、押切の二枚の田圃は穂揃いしている様です。そして勝負田と山の下の田圃がそろそろ出穂の様です。山の下の田圃の方が進んでいる感じもします。更に勝負田と山の上の田圃のマンゲツモチに走り穂が確認されます。一番遅れている山の上の田圃、場所によって生育に大きな差が有ります。平均的な場所で、後二三日で出穂です。
 と言うことで押切の二枚の田圃への入水はストップで、様子を見て、一時的に落水するつもりです。そして田圃が有る程度乾いたところで、再入水するつもりです。水の抜け方が悪い場合は自然減水に頼らず、排水口からの排水も考えています。畦際への溝掘りも必要かも知れません。

 山の上の田圃、南東から東側にかけての、日がなかなか当たらない部分、生育がかなり遅れています。分ケツも非常に悪く、この部分ではお米を作らない方が良いかも知れません。午後には一番遅くまで日は当たっていますが、大切なのはやはり午前中の日当たりの様です。

  • 7月24日
              

 押切の二枚の田圃一時落水実施。

 田圃を見渡して、穂揃いと判断し、更に周辺で穂が傾き出していることを確認して、落水です。中干では有りませんので、それ程乾かすつもりは有りません。でも水はけの悪い部分が有りますので、畦沿いに溝を掘って、排水を助けようかと思っています。ついでに四角田の北、西、南の畦際の草取りを行っています。四角田の方は暗渠のバルブまで解放しています。三角田も様子を見て暗渠のバルブを開ける予定です。
 溝の設置が必要なのは、三角田の西と北側、四角田の西と南側の畦沿いです。落水して乾かすレベルは、田圃の上に乗ってあまりふんごまない程度です。今はかなり沈んでしまうレベルですから、かなり乾かすことになります。表面に少し細かい割れ目が出来る程度です。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7954)


Counter: 1080, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional