温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-07-15

田圃を楽しむ-31。

  • 7月15日

          前に戻る     次へ進む

 押切三角田の朝紫、ほぼ出穂、そして四角田コシヒカリに走り穂。

 今日押切の田圃の電気柵の下草刈りを行ったのですが、三角田南側の朝紫がほぼ出穂状態でした。朝紫はほぼ昨年通りですが、四角田のコシヒカリ走り穂はやや遅い感じです。三角田、勝負田は未だ良く見ていませんが、未だ出ていないと思います。山の田圃も当然ながら。

朝紫の出穂朝紫の区域コシヒカリの走り穂 左が朝紫の出穂状態です。そして真ん中が朝紫全体です。右は押切四角田南側のコシヒカリの走り穂です。去年の朝紫は非常に成りが悪かったのですが、今年は普通の様です。それもマツバイの性でした。

 去年のコシヒカリの出穂は7月20日でした。全体的な走り穂が7月15日でしたから、今年はやや遅れていると言うことになります。種まき、田植えが遅くなっていますから、当然と言えば、当然です。
 稲に穂が付き始めますから、猪に対してより警戒が必要になります。と言うことで、今日は電気柵の下草刈りを行っています。山の田圃は既に完了していて、後残りは勝負田です。下草刈りをしていて気が付くことは、ザリガニの多さです。押切四角田には大きくなり、真っ赤になったザリガニがわんさかいる様です。これで来年は間違いなくザリガニ対策を行わないと、大変なことになります。冬場には四角田の均平化行わないと、またまた雑草に泣かされることになります。

 昨年の一部倒伏を繰り返さないためには。

 昨年7月28日、猪の侵入と勘違いした、押切四角田の一部倒伏が発生しています。昨年は20日に出穂していますから、今年もこの辺りから対策が必要になりそうです。受粉後一度水を落として、中干では無いですが、多少なりとも土を乾かす方法が考えられます。受粉までは水がかなり必要ですが、受粉後は間断潅水と言う形で、土を多少なりとも固めようと言うものです。出穂期は穂が40~50%出た時、穂揃期は穂が80~90%出た時のことを言うそうです。出来ることなら穂揃期直前で一度落水しようかと思っています。その後は土の状態を見ながら、入水、落水を繰り返したいと思っています。

  • 7月17日

 押切三角田、勝負田、山の下の田圃に走り穂。

 押切三角田は多分15日には穂が出ていたと思われます。勝負田と山の下の田圃にはほんの僅かですが、走り穂が確認できました。この調子で行くと、20日には出穂の判断が出来そうです。明日もう少し詳しく見て、倒伏防止のための一時的落水を何時行うか、決めたいと思います。勝負田、山の田圃は今水位が非常に低くなっていて、もう一度水位を上げる必要が有りそうです。その辺りも明日どうするか決めたいと思っています。

  • 7月18日

 全ての田圃で走り穂、押切の田で出穂に近いこと確認。

 すべての田圃をつぶさに観察すると、押切の二枚の田圃はそろそろ出穂の状態に、山の上の田圃を含めて走り穂が確認できました。押切の田圃は一日に1cm近く減水します。穂が揃う頃には一度水を抜きたいと思っていますから、そろそろ水を入れない方が良い時期に来ている様です。今は減水を補うために毎日水を入れています。勝負田の方には、今までほとんど水を入れていなかったのですが、今日は余りにも水が減りすぎたので、新たに水を入れています。こちらも近い内に水を一度落とす予定です。山の田圃はもう少し満水状態をつづけた方が良い気がしています。今は倒伏防止のために一番気を使う必要が有る時の様です。

  • 7月19日

 押切の田圃の水管理をどうするか、難しい。

 今朝田圃を確認した所、穂の出ているのは2割程度で、未だ出穂には多少時間が有りそうです。この所の天気が、曇りであることも関係している感じです。水の方は昨日から止めてあり、水位は下がりつつあります。このまま下げてしまって良いのか、判断に迷っています。もう二三日水位を上げた方が良いかも知れません。悩むところです。
 一方山の田圃の方には、今日満水状態まで水を入れています。ついでに畦の内側の草を刈っています。こちらにも穂は見られますが、ほんの僅かです。やはり当然のことながら、一番遅れている様です。もう一つ気が付くことは、分ケツガ少ないことです。これはちょっと問題で、来年以降は何らかの対策が必要な様です。こちらは沢の水を利用していて、山の田圃は、その中でも一番高い位置に有ります。その為に下の方で水を使うと水は一切使用でしません。その為使うには途中にあるバルブを閉めて、下の方に水が流れないようにする必要が有り、かなり気を使います。下の方の田圃は、川からポンプで水を組み上げて使うことも可能で、沢の水は、上の方の田圃優先で使えるようにはなっています。勝負田はそれと同じ系統の水を使っています。高さとしては、中間より少し低い位置にあるかと思います。昨日は沢の水が使えず、川の水をポンプでくみ上げて使っています。こちらは多分最後の水入れかと思います。
 午後4時前から雷が鳴り、雨が降りだしています。降り方は弱いですが、このまま1時間も降れば、5mm程度にはなりそうです。出来ることなら10mm以上は降って欲しいのですが、果たしてどうなるか。これで押切の田圃への入水は多分必要無くなるでしょう。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7128)


まっかちんは南多摩

  • 投稿者:ひろし (2014-07-16 (水) 15:09:21)

 ザリガニはアメリカザリガニです。ザリガニが大量にわくと、雑草が殆ど出なくなります。稲の葉っぱは食べずに、切るだけみたいですが。雑草だけを食べてくれると良いのですが。押切の田圃には、オタマジャクシからカエル、その他色々といますから何を食べているのやら。

コメント


認証コード(2404)

ザリガニ=まっかちん

  • 投稿者:miyata (2014-07-15 (火) 23:31:11)

はるか昔、アメリカザリガニ釣りをして遊びました。
大きくて赤いのをまっかちんと呼んでいました。
田圃にいるのはアメリカザリガニですか?
何を食べてそんなに増えるのでしょうか。
天敵はいないのでしょうか。
こどものころはペットのアヒルに食べさせるため、せっせと捕まえていました。

コメント


認証コード(4230)
Counter: 1203, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional