温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-06-29

田圃を楽しむ-30。

  • 6月29日

          前に戻る     次へ進む

 押切三角田、四角田に電気柵を設置。

 先日下草を刈り、角杭を立てた押切の田圃に電気柵を設置しました。

押切の電気柵 写真は三角田の北東角地から見た所です。この部分には軽トラックが侵入できるように、スペースが取って有ります。スペースは取って有っても、この部分の電気柵はゲートを付けてありません。ゲートは三角田の関東角地の部分に設けてあります。ゲートが必要となるのは、朝紫の刈り取り時のみですから、その時にバインダーや、ハーベスタが侵入できるようにしてあります。朝紫は三角田の南側に作付てあり、コシヒカリに比べて早生だからです。コシヒカリの刈り取りは、コンバインを使う予定ですから、収穫時は電気柵を全て取り外してしまいます。その為、その為のゲートは必要ありません。今日は電気柵設置初日ですから、一日連続通電にしておきました。明日からは夜間のみ通電です。

 押切の田圃沿いの川の護岸工事がつい最近行われ、堤防が一部ではありますが、しっかりしました。その為敢えて電気柵を設置する必要は、無かったかも知れません。でもこの区域で猪の被害を受けたのは三角田だけですから、念には念を入れておきたいと思います。

  • 7月1日

 勝負田に電気柵を設置。

 田圃としては最後となりましたが、勝負田に電気柵の設置です。ここは隣の田圃と共同の形で設置しています。

勝負田の電気柵 隣の田圃と稲の葉色の差が際立っています。隣の田圃はかなりの密集植えで、家の田圃はかなりの疎植ですから、こんな感じになってしまいます。去年徹底的にザリガニやられた勝負田ですが、今年の被害は非常に少ない感じです。ザリガニは居ない訳では無く、被害が少ないだけです。稲もこの大きさになるとザリガニの被害は受けません。勝負田が大丈夫だった代わりに、押切三角田が徹底的にやられてしまいました。押切四角田にも、山の田圃にもザリガニは居ます。来年は全ての田圃でザリガニ対策が必要になります。1.5反当たり2Kg程の除虫菊パウダーが必要になりますから、7反で9Kgオーバーになります。何ともすごい量です。

 農薬を使えば、十分の一以下の量で対応できると思いますから、何とももったいない話ではあります。今日は畑の方で忙しく、手が出せませんでしたが、明日辺り押切四角田の稗の繁茂した区域の様子を確認して、必要な処置をしようかと思っています。

  • 7月2日

 押切四角田の稗、コナギ取り実施。

 朝から田圃を這いずり回り、除草です。前回の除草で稗の大きいものはかなり取り除いていますから、べらぼうに大きなものは有りませんが、かなり取り除きました。コナギも既に花が咲きだしていて、面白くない状態です。後はカヤツリグサが意外なほど大きくなっています。田圃を周辺から見た時、葉色の薄い区域が有りますが、その部分に雑草が目立っています。その区域を狙て、除草を続ける必要が有りそうです。
 雑草を取っていて気が付くこと、やはり水深が浅い所は雑草が多いと言うことです。逆に水深が有る程度以上確保できれば、雑草は米糠だけで十分に抑えられそうです。三角田の方は有る程度水深を深くすれば、全体として雑草が抑えられる水深が確保出そうですから、問題は無いようです。でも四角田は排水ゲートぎりぎりにまで水深を上げても、雑草は防げない感じです。そこで今年の秋以降、水深の浅い所の土を、畦の周辺に運んで、あぜを作り直し、浅い所を減らして、全体的な水深を深くしたいと思っています。その為には今から水深の浅い所をきちんと把握しておく必要が有ります。大体になってしまいますが、是非実施したいと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7060)


Counter: 1236, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional