温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-03-14

田圃を楽しむ-11。

  • 3月14日

          前に戻る     次へ進む

 押切の二枚の田圃第一次代かき完了。

 昨夜の雨は30mm程度降ったようで、押切の三角田、四角田両方共一気に第一次代かき実施です。30mm程度の雨では代かきには少し足らず、水を入れながらの代かきとなりました。

代かき後の三角田代かき後の四角田 左が代かき後の三角田で、右の代かき後の四角田より水が濁っています。それだけ土質が違うと言うことでしょうか。四角田の方が濁り方が薄い感じです。四角田の畦と言うか、土手からの水漏れは何時もと同じ場所からです。でも南側の土手からは今の所それ程漏れてはいません。三角田の方は暗渠の排水口からが主です。水持ちの差は単に漏れだけでは無く、土質によるところもありそうです。両田圃とも少し様子を見て、雑草対策のために。水位を上げたいと思っています。

 四角田と三角田の表面に有る浮遊物の差は、春起こしで鋤きこんだ緑肥の差のようで、四角田の方がはるかに多いようです。その量の差が濁りの差に見えるのかも知れません。
 押切の方は終わったのですが、勝負田の方がまだそのままです。昨夜の雨で水位はかなり上がっていて、代かきをするには高すぎの感じです。濁りが多少収まった所で水をある程度抜き、代かきになるかと思います。濁りがなかなか取れない場合は、水位の高い状態で、代をかく深さを浅くしてやっても、良いかもとも思っています。ほんの表面だけ代かきすることになりますが。勝負田は水がほとんど漏れませんから、それでも問題無いかも知れません。田植えが出来る程度に土が柔らかになれば良いと考えています。
 そろそろ種まきの準備も本格的に行うことが必要な時期になりました。浸種中の種籾は、まだ発芽の気配は有りません。気配を感じる前に土の準備が必要です。今年は籾殻燻炭の率を高くする予定ですから、早めに材料の配合比率を決めなければなりません。と言っても、ピートモスの量をどうするかだけですが。材料はあまり早めに混成してしまうと、去年の様にカビが発生してしまいますから、発芽の見極めが大切です。ここへ来て浸種している水温が高めになっていますから、要注意です。

  • 3月16日

 強い南風の中、勝負田の第一次代かき完了。

 今日は朝方からかなり強い南風が吹いていますが、そんな中勝負田の代かきです。風は春一番になるのではと。

代かき後の勝負田カエルの卵 春起こしをして水を入れ、かなりの間放置していましたから、麦がかなり水の中伸びていました。麦は水に強いのでしょうか。押切の田圃に比較して代かき後の浮遊物は少なく、水は調子良く濁りました。先日の雨と、隣の田圃からの漏れ水で増水した分は、代かき前に昨日排水ゲートを下げて抜いています。その時にゲートからカエルの卵の塊が流れ出たのを確認していますが、今日も代かき前、後でカエルの卵を確認しています。右側の写真がその写真です。

 この状態になって果たして孵るかどうか分かりませんが、まだまだカエルは卵を産むでしょう。今の所水を張っている田圃は家だけですので、ここで産むしかないようです。第二次の代かきは4月の半ば過ぎになりますから、それまでにはオタマジャクシになっているでしょう。
 田圃の方は一次代かきまで終わり、次は播種に向けての準備に入ります。と言っても床土、覆土を混成して、苗箱に床土を入れるだけですが、これがかなり大変な作業です。特に今年は籾殻燻炭の率を上げますので、酸度調整が再度必要になります。PH5~5.5狙いです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4270)


Counter: 1358, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional