温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-02-05

田圃を楽しむ-4。

  • 2月5日

          前に戻る     次へ進む

 押切四角田に60cm幅波板設置始め。

 今日は朝方かなり冷え込み、午前中に始めようと思っていた、押切四角田の60cm幅波板の設置が、午後になってしまいました。東側畦に5mづつ2か所、南側畦に10m1か所の設置ですが、今日は2か所の蚤の設置なってしまいました。

南側に10m設置東側に5m設置35cm幅波板田圃の小麦とレンゲ
 まだ未完成ですが、南側畦に設置した10m長さの60cm幅の波板。 こちらも未完成ですが、東側あぜに設置した5m長さの60cm幅の波板。 次の作業用に田圃に運んだ35cm幅の波板。 田圃の小麦と、レンゲです。未だ小さいです。

 畦の上面から60cm強の溝を掘り、そこに波板を入れて、土を戻すだけの作業ですが、かなりきつい感じです。3か所の内二箇所は一応設置だけは終わりましたが、後一か所同様に設置し、今日の分も含めて土をきれいに戻し、その上を軽トラックで走り、沈圧します。明日中には終えたいと思っています。
 11月に播種した小麦と、レンゲの具合が気になりますが、まずまずの様子です。小麦などは畑に栽培用に播種した物より、生育は良い感じで、緑肥にするのはもったいない感じです。レンゲの方は葉はまだ小さく、これからの感じです。田圃にはほかの雑草も色々と見られますが、一番気になるのは小さなマツバイの様な雑草です。ただ生えている場所は去年強烈に繁茂した場所ではなく、四角田の北側ですから、マツバイでは無いと思いますが。今年はエンジン式の水田除草機を入れますから、畝間の雑草はかなり抑えられるかと思います。問題は株間ですが、様子を見ながら、場合によってはチェーンを引っぱることになるかもと思っています。そうならないことを願ってはいます。

  • 2月6日

 押切四角田の60cm幅波板設置完了。

 朝から昨日の続き、東側の残り一か所に波板を埋め込み、土を寄せ、軽トラックで踏み固めました。

南側畦波板設置東側畦波板設置ー1東側畦波板設置ー2 左が波板設置後軽トラックで土を踏み固めた南側畦です。そして右と中が同様に東側畦です。踏み付けは何度も何度も行っていますが、まだ不十分でしょう。

 設置用の溝を掘っていて気が付くのですが、畦のみならず、田圃の方にもモグラの穴が広がっていることです。特に東側で目立ち、南側では水漏れが激しいにも関わらず、ほとんど見当たりませんでした。東側の畦の状態から、次35cm幅の波板を設置する場合は、設置後に更にその上から畦塗りを行う必要性を感じました。
 今日は軽トラックを田圃に入れていますから、ついでに田圃の外周部分前端を走って、踏み付けを行っています。この部分はやはり柔らかになっていて、何らかの処置が必要かと思いました。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2656)


Counter: 1767, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional