温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-02-03

田圃を楽しむ-3。

  • 2月3日

          前に戻る     次へ進む

 水田除草機ミニエースが来た。

 注文していた水田除草機ミニエースが来ました。ネット上で一応最安値で購入です。未だエンジンは掛けていませんが、試運転はお店の方で終わっていると思います。

除草機全体水車の部分
左が除草機全体で抵抗棒も付いています。そして上が土をかき回す部分で、強湿田用が付けてあります。
減速機の部分
上は減速機の部分で、マキシンコー制が使われています。
エンジン
そして上がエンジン部分で、ZENOAHが使われています。刈払機の物と思われます。

 抵抗棒が附属されていますから、それを外したり、付けたりして、雑草を土に巻き込んだり、浮かせたり両方の作業が出来ます。ロータリーには標準田用と、強湿田用が有りますが、訳もなく、強湿田用を購入しています。その差は後輪の部分の先の方が繋がっているか、繋がっていないかのようです。繋がっていることで、後輪側の駆動力が大きくなると思います。ただ逆に土をかき混ぜる能力は落ちるかと思います。家の田圃は深い所が多いので、強湿田用でも良いかと思っています。
 今使用している手押しの除草機も、場所によっては使うことが必要な様で、エンジン式だけでは終わらない感じです。エンジンは混合ガソリンですが、この機械はチェンソーと同様に、エンジン内部の汚れの発生の少ないエンジンオイルを使う予定です。

 そろそろ田圃の畦を整備する時期になってきました。今年は押切四角田の3か所に幅60cm幅の波板を追加で設置の予定です。設置後今まで使っている幅35cmの波板を重ねることにしています。その前にモグラ対策を行うことが必要です。畦を切りながら行うのが一番効率的かと思い、準備をしています。昨年は勝負田の畔で、畦沿いにモグラの穴が走っていたものもありましたから、注意が必要です。モグラの穴は基本的にはかなりの部分が繋がっているはずなので、バイクの排気ガスで追い出す方法はかなり有効かと思います。果たしてどのような結果になるのか、非常に気になります。

 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6904)


Counter: 2195, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional