温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-01-28

田圃を楽しむ-2。

  • 1月28日

          前に戻る     次へ進む

 今年の田圃の雑草対策。

 今年もそろそろ田圃の仕事を始める時期になりました。まずは来月早々畦切から始まりますが、その前に昨年の失敗を反省して、対応をどうするか、決めることが必要です。種籾の播種、そして潅水の失敗から始まり、苗の育成にも失敗し、押切の田圃ではマツバイにやられ、3枚の田圃全てで早い時期の倒伏に見舞われ、更に早すぎた落水。今思えば、どうしようもない一年でした。中でも一番の問題はマツバイ等の雑草です。勝負田はザリガニのおかげと言うか、全く雑草が生えなかったのですが、押切では、収量がかなり減少するほどの問題でした。マツバイ対策としては、小麦を緑肥として作ることにして播種はしてありますが、それだけでは不十分で、別の対策が必要です。倒伏対策も兼ねて、エンジン付き水田除草機の購入をすることにしています。今期首を絞り込み、発注の準備をしているところです。手押しの除草機は有るのですが、とても広い田圃には対応できません。そのためにエンジン付きを新たに入れることにしました。
 カタログ上では時間当たり1.5反は動かせることになっていますから、3枚の田圃全体で4時間程度で片付くことになりますが、余裕を見て、丸一日で終わることになると考えています。それを3回ほど行うことになりますから、除草機を入れるだけで丸3日かかることになります。畝間はこれで何とかなりますが、株間は又手での除草になりそうです。畝間を抑えてやれば、株間もかかなり抑えられますから、やってみなければ分かりません。と言うことで今年の雑草対策は、小麦と、エンジン付き水田除草機です。

 苗箱潅水はプールで、苗箱の底面から。

 昨年は初めて導入した播種機で、覆土の上から潅水して、失敗しています。床土に市販の物ではなく、籾殻燻炭、EMぼかし等で調合した物を、2週間ほど放置した物を使用していることで、水を弾いてしまい、せっかく播種した種籾が流れてしまった為、潅水量をかなり抑えたことで、十分な潅水が出来ないことになってしまいました。種籾が流れてしまったことで、大きな播種むらとなってしまい、せっかくの整列播種機能が全く生かされませんでした。その反省からプールで、前箱の下側からの潅水を行うことにしています。その実現にはプールが大切で、今可能な限り水平を出すようにしています。苗箱には適切な潅水が必要で、プールでの潅水後、水抜きを行い、余分な水が苗箱に貯まらないようにする予定です。

 苗箱の床土に籾殻燻炭100%を試験的に。

 覆土に使用するのは難しそうですが、床土には籾殻燻炭100%が可能な様です。今までは50%でやってきましたが、今年は試験的に何箱かを籾殻燻炭100%の床土でやってみようかと思っています。籾殻燻炭100%で床土が出来るようになると、苗箱が非常に軽くなると同時に、田圃に籾殻燻炭を少しでも供給出来ることになります。問題としては床土のPHです。狙いは5.5程度ですが、これを如何に実現するかです。床土に配合するのは、EMぼかし、灰、ダーウィン2000、等ですが、必要なら例年通り無調整ピートモスを入れます。早めに実験してみたいと思います。

 種籾の播種量はどの程度にするか。

 去年は一応60gr/箱としましたが、潅水時種籾が浮いてしまい、かなりのむらが出来て、結果的に後でかなりの補植を行う羽目になってしまいました。播種機は60gr、70gr、80gr、90gr、、、、から選択できます。発芽に問題が無ければ60gr/箱で十分だと思いますが。そのためには、播種の前段階が大切になってきます。特に崔芽が課題となりそうです。この辺りが上手く行けば、60gr/箱で行けるのですが。

  • 1月29日

 押切の田圃の水漏れ対策はどうする。

 押切の特に四角田は南側で1か所、東側で3か所原因が良く分からず、水漏れしています。いくら畦をしっかりしても土手面にかなりの量が漏れてきます。特に南側がひどく、今年は何とかしなければと思っています。南側の水漏れ箇所は、ちょうど排水口の部分で、良く調べて見れば分かるはずですから、何とかしなければなりません。毎日2cm程漏れていますから、なかなか深水にすることが出来ず、雑草対策にも効果が上がらないことになっています。どこかに水ボラのようなものが有るはずですから、何とか探したいと思います。三角田の方も漏れてはいますが、四角田程ではないので、様子見になりそうです。
 来週には畦切を始める予定ですから、今週中には掘り返して原因を探してみたいと思います。トラクターで耕起しても分からない位ですかあら、20cm以上の深さだとは思いますが。

  • 1月30日

 モグラ対策はバイクの排気ガスで、そして60cm幅の波板で。

 押切の田圃、特に四角田でモグラによる漏水が激しく、昨年は35cm幅の波板を畦の内側に設置しました。それなりの効果は見られましたが、十分ではありませんでした。昨日田圃の畦を見回ったところ、モグラ穴がかなり見つかりました。とりあえず蜂用の煙幕でぼってみましたが、効果の程は全く分かりません。ネットで調べて見ると、煙幕の代わりに、バイクの排気ガスで防ぐ方法が載っていました。田圃に水の無い今の時期なら、この対策は可能です。近いうちに試してみようかと思っています。
 そして今日は60cm幅の波板を購入してきています。これを南側と、東側の水漏れの激しい部分に充ててみようかと思っています。昨日原因を突き止めようと、その周りをかなり掘ってみましたが、良く分かりませんでした。そこで取り敢えずの対策として、幅広の波板を当てることにしました。

  • 2月1日

 今日は籾殻燻炭つくり。

 昨日持って来た籾殻を使って、朝から籾殻燻炭つくりを始めています。家で出した分を含めてモミ袋5袋程度で、ぎりぎりの量です。本当は7袋は欲しいのですが。

画像の説明 燻炭を作っている所で、後ろには何袋か籾殻燻炭を入れた袋が見えます。今年は稲の苗箱の床土の60%を籾殻燻炭で賄うつもり、今ある量で一応間に合うはずですが、一応予備として新たに作っています。覆土と合わせて約320リッター程必要となります。街中や、人家の込み入った場所では、燻炭作りは決して出来ないでしょうが、ここでは問題無いようです。今日は弱い東寄りの風で、煙はほとんど西側の田圃に流れています。明日は多少雨が降る予報で、今日は燻炭作りに最適な日和です。夕方暗くなる前には出来上がる予定です。

 籾殻燻炭を作りながら、サツマイモも中に入れて、焼き芋も作っています。これは何時出来るか、分かりません。ほんとうは昼食に間に合うと良いと思っているのですが。

 籾殻燻炭を作りながら、サツマイモも中に入れて、焼き芋も作っています。これは何時出来るか、分かりません。ほんとうは昼食に間に合うと良いと思っているのですが。
 ちなみに籾殻燻炭が出来た後、大量の水で火を消しますが、そこで外へ流れ出す水がどの程度の酸度かを見てみました。土に浸み込んだ状態ですが、PH4~4.5程度でした。ただ濡れている籾殻燻炭に酸度計を差し込んで測ったところではほぼ中性の7程度でした。水や雨で籾殻燻炭が洗われると、中性になるのでしょうね。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8541)


馬森牧場

  • 投稿者:宮田 (2014-02-04 (火) 21:15:35)

川上地区にある牧場に行ったのが、そちらで土地を探すきっかけとなりました。
富山と伊予ヶ岳のすばらしい景観、こんな風景を見ながら、畑仕事をしたいなと思ってしまったのです。
たしかに一宮は、夏でも夕方以降はとても涼しいですが、冬は銚子方面からの風が強く冷え込みます。太東崎まで歩いて15分くらいのところなのですが、2年間通って、自分が海志向でなく、里山が好きということを再認識しました。
私には難しい内容ですが、ブログを楽しみにしていますね。
今年も豊作になりますように。

コメント


認証コード(5249)

一宮

  • 投稿者:ひろし (2014-02-04 (火) 15:34:02)

 長生郡一宮なら九十九里に近く、夏は海風が吹き、午後になれば涼しくなるでしょうね。地形的には千倉と似ていますから、冬場もそれ程冷え込まないのでは。そこで農業を楽しめたら良いのですが。

コメント


認証コード(9284)

寒いのは苦手ですが。

  • 投稿者:宮田 (2014-02-03 (月) 23:30:51)

現在、埼玉県三郷市に住んでいます。温暖化の影響で子供の頃は、庭の柑橘といえば、ゆずと金柑でしたが、今は温州みかんやデコポンまで収穫できます。
冬はいいのですが、夏の暑さは尋常ではありません。そのため、海の近くなら夏涼しいだろうと今の別荘(一宮)を購入したのです。
三郷市より冬暖かく、夏涼しいところは、千葉県だと千倉の海岸沿い位しかないのですね。
うーん困りました。

コメント


認証コード(3544)

平久里川流域はかなり狭い。

  • 投稿者:ひろし (2014-02-03 (月) 10:23:12)

 ご希望の条件は非常に難しそうですね。平久里川は、基本的には南北方向に流れていますから。平久里川流域は平群中辺りから三芳にかけては多少広くなっていて、田圃が拡がっています。でも平群中、山田辺りから上流は山間になって、かなり狭くなっています。
 気候的にここら辺りは、冬かなり寒く、南房総のイメージからはかけ離れている感じです。イメージに合致するのは、千倉の海岸沿い辺りでしょうか。

コメント


認証コード(7928)

実家が農家です。

  • 投稿者:宮田 (2014-02-02 (日) 23:11:11)

第一希望は、南に小川、平坦な敷地で北に山林です。
実家が埼玉の農家で、田んぼをやっていたので、眺めるだけでもこころなごみます。
けどそんな希望通りの物件はないと思うので、どの辺で妥協するか悩むところです。
他の方のブログ(岩澤信夫さんの農法)も見ましたが、平久里川の流域は田園が多いようですね。
時間をかけて近辺を見て回りたいと思っています。

コメント


認証コード(5107)

吉沢地区は富山の東側山裾。

  • 投稿者:ひろし (2014-02-01 (土) 10:10:54)

吉沢地区は、家からそれ程遠くはない所です。平久里川からはちょっと離れていて、田圃をやるには苦労かも。家の付近は土が粘土質で、畑にはあまり向かない所。畑を楽しむのであれば、土質にも気を配った方が良いように思われます。

コメント


認証コード(3860)

移住物件探し

  • 投稿者:宮田 (2014-01-30 (木) 21:29:21)

9月に一度投稿した宮田です。
いつも楽しみに「南房総に暮らす」を拝見しています。
移住物件探しのため、来週、南房総市の吉沢地区を訪れる予定です。
ブログ中の写真でみた風景の近くを通ったら、車を止めてじーっと見てしまうかも。
春日部ナンバーの怪しいおばさんがいたら、私かもしれません(笑)

コメント


認証コード(8017)
Counter: 2057, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional