温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2013-11-09

田圃を楽しむ-44。

  • 11月9日

          前に戻る     次へ進む

 押切の田圃のレンゲ。

 播種後の大雨で流れてしまったかと心配したレンゲ、今日確認したところかなりの発芽が見られました。発芽密度は大体バラバラの状態ですが、場所によって非常に蜜になっているところがあります。播種機で蒔いた時、まとめて種が落ちてしまったところです。

レンゲの発芽非常に密な発芽三角田四角田
 レンゲの発芽状態で、大体この程度の密度になっています。 非常に密な状態で、所々にあります。 三角田の今日の様子です。 四角田の今日の様子です。

 今田圃で一番目につくのは、稲の新芽です。そして次に目に付きだしたのがレンゲです。もう少し時間が経つと、稲が枯れて、レンゲが一番目に付くようになると思います。一日300mm以上の雨が降っても、レンゲの種はあまり流されずに、発芽していました。ただ土の方はこのところの雨で、かなり湿っていて、中にはあまり入りたくない状態です。本当は小麦を蒔きたいのですが、未だ無理のようです。土の方は雨でかなり締まってしまったようで、このままで種が蒔けるかどうか疑問な状態です。それにしても来年3月田圃がどんな姿を見せてくれるか、楽しみです。
 押切の方でレンゲがうまく発芽したので、遅まきながら勝負田の方にもレンゲを昨日播種しています。こちらはちょっと遅すぎな感じで、発芽しないかも知れません。今年は米糠の入手が上手くいかず、勝負田には米糠散布が出来ませんでした。その入荷を待っていたために、レンゲの播種も遅れてしまったのです。こちらの方は未だあまり土が締まっていませんから、小麦の播種は可能かと思います。明日は雨が予報されていますかr、来週中には出来たら小麦の播種を行いたいと思っています。
 レンゲは田圃への窒素の取り込みが目的ですが、本当はそれよりも小麦をなんとかやってみたいと思います。目的としてはマツバイを抑えることです。普通に収穫する目的には11月の末頃に播種すれば良いのですが、来年の3月、田圃の入水までに出来るだけ成長させたいと思っていますから、10日前後には播種したいと思っていましたが、なかなか難しそうです。11月ってこんなに天気が良くなったのかと、今つくづく思わされます。もっと良い天気が続くと思っていたのですが。

  • 11月12日

 田圃への麦の播種。

 今手元に有るのは、今年収穫した農林61号、南部小麦、ミナミノカオり、ユキチカラ、六条大麦、ライ麦です。この内ライ麦は粉として使う量が多いこと、アブラ虫除けに畑に使う予定がることと、収穫が少なかった事もあり、田圃には播種しません。その他の種類を適当に播種するつもりです。畝間は収穫する訳ではなく、レンゲも蒔いてあることから90cm程度にしようかと思っています。問題はいつ播種するかです。収穫するのであれば11月20日頃が良いのでしょうが、3月までに少しでも伸びて欲しいことを考えると、早いほうが良さそうです。しかし最近は雨がかなり降っていて、なかなか播種の良いタイミングが有りません。明日か、明後日が一番良さそう感じになっています。でも田圃はかなり湿っていて、上手く播種出来るかどうか、疑問な状態です。しかしやらざるを得ない状況かと思われます。
 播種は種まきゴンベイで行いますが、田圃には線を引くわけではなく、目標を立てて、そこを目がけて播種機を押すことになりますから、かなり曲がっやり、ずれたりしてしまいそうです。本当は下地として耕運機を入れて、畝が作れると良いのですが、そんなことは出来ませんから。又田圃の表面も耕起してからかなりの日にちが経っていますから、かなり締まっていると思われますので、上手く蒔き溝が出来るかどうか。まあ色々と心配な点はありますが、なんとかなるのでしょう。 

  • 11月13日

 押切の田圃への麦の播種を開始。

 今日は午後3時過ぎから押切の田圃への麦の播種を始めました。反当り2.5Kg程度の播種量で、畝間は90cm程取っています。三角田から初めて、四角田の半分弱まで終わっています、と言うかそこまでしか出来ませんでした。2時間で3反弱ですから、かなり時間がかかります。播種機を押すのに、思っていた以上の力が必要で、腕で押すのではなく、体で押すことが必要な感じです。明後日には雨が予報されていますから、明日には勝負田も含めて、全て終わりたいと思っています。後3時間はかかるかと思います。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4094)


Counter: 1392, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional