温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2013-08-03

田圃を楽しむ-33。

  • 8月3日

          前に戻る     次へ進む

 押切四角田にまたまた猪が侵入。

 7月28日に侵入され、しばらくは落ち着いていたと思っていたのですが、押切四角田にまたまた猪に侵入されてしまいました。前回はたいした対策を行っていませんから、又入られても別におかしくないのですが、忌々しいことです。

猪侵入部の一部電気柵を3段張りに 猪に電気柵の下から入られたとは、あまり思えません。三角田には全く入った気配がないことから、一番考えられるのは。西側の下り坂になっている部分の電気柵を乗り越えてくることです。そこで右側写真のように西側、北側、南側の3辺の電気柵を3段にすることとしました。3段にすれば下り坂でもかなり高く見えます。これでも侵入されるようでしたら、今のところ打つ手がなくなってしまいます。家の田圃の周りには、電気柵も張ってないところも多いのに、なぜ家の田圃だけ。

 確かに家の田圃の稲は、周りより早く出穂しています。でもそろそろ周りの田圃も出穂の状態になります。もう少し時間が経てば、家の田圃だけが狙われるようなことは無いと思うのですが。それでも家の田圃だけが狙われるようであれば、何か別の理由があることになります。まさか無農薬が理由とは思えませんが。しばらく様子見が必要です。
 電気柵に関しては、メーカーの勧めもあり、最初から3段張りも考えていたのですが、昨年までの実績から2段張りにしました。でも一応3段張りの用意はしてありましたから、角杭は別にして、実施は容易でした。しかしながら田圃全体で3段張りが必要となると大変です。部品が足りません。押切四角田だけで何とか収まってほしいものです。

  • 8月4日

 押切四角田の稲の倒れの原因は猪にあらず?。

 近所の人に猪に連続して入られたと話したら、土が軟らかくて倒れたのではと言われました。確かに四角田の稲の株は手で倒すと簡単に横に倒れてしまいます。今日は朝方、稲穂にかなりの朝露が着いていて、それで倒れがよく目に付いたようです。そこで早速水抜きを行い、土を少し固めることにしました。まだ完全な落水という事ではなく、間断潅水の感じです。でも出来るだけ早く水を抜きたいので、暗渠のバルブまで開いています。押切の四角田だけではなく、三角田も同時に水を抜き始めています。出来るだけ均一に抜きたいので、三角田の北側と、西側、四角田の東側と、南側に排水用の溝を設置しました。昨年は8月9日に三角田、8月15日に四角田の落水を行っていますから、このままの落水ではちょっと早すぎの感じです。4日もすれば水が抜けて、多少は土が固まると思いますから、固まったところで再び入水となります。
 勝負田の方はどうするか、まだよく見てないし、決めてもいません。押切四角田で何故このようなことが起きたか、原因は多分代かきのし過ぎかと思います。やはり代かきは2回以内で抑えるべきのようです。

  • 8月5日

 押切三角田、四角田は本格的落水になってしまうか。

 昨日から水を抜き始めたことから、稲株の倒れは収まって来ているようです。今日は四角田の西側に溝を設置しています。でも高さの関係で、これだけでは溜まっている水は抜ききれません。更に三角田の北側は水口から水が漏れているため、ここも水を抜ききることが出来ません。何らかの対策を施す必要があります。

押切三角田のコシヒカリ押切四角田のコシヒカリ 左が三角田のコシヒカリ、そして右が四角田のコシヒカリです。遠目にも、近寄って見ても、あまり差が感じられなくなっています。今の課題はとにかく早く水を抜いて、土を多少固めることです。でないと収穫までにもう一度潅水することが出来なくなります。今年は大型のコンバインで収穫をお願いすることにしていますから、余計に土を固めることが必要になります。今日コンバインで刈り取りをお願いする人と話したのですが、コンバインは4トンあるそうで、ぬかるんでいては入れないとのこと。

 収穫は9月の初め辺りになりますから、それまでには十分固めることが出来ると思います。とにかく一度固めてしまえば、雨が降っても簡単にはぬかるんだりはしませんから。ここ一週間位が山場になるかと思います。その大切な時期、明日は午後雨が降るとの予報です。時間当たり4mm程度の雨が午後3時ごろから6時ごろまで、この予報は外れてほしいところですね。

  • 8月6日

 短時間に20mm程の雨が。

 天気予報では弱い雨が降ることになっていたのですが、結構激しい雨が降りました。バケツには20mm程溜まっています。

排水パイプの設置 押切三角田の給水バルブの漏れが結構きつくなりましたので、その漏れ水を排水するためのパイプ、ホースをバルブに設置しました。ホースの長さが10m程足りませんが、これでバルブ付近には水は溜まらなくなるでしょう。そう言えば給水マスの部分にザリガニが20匹程集まっていました。田圃の水が引いてしまった為に集まってきたようです。勝負田に比べれば、比較になりませんが、要注意です。
 水が欲しい時には全く降らず、降らなくてもよい時に降る、この天気、何とかならないものでしょうか。またこれで雑草が勢いを盛り返し、草刈が必要になりそうです。雨による稲株の倒れはほとんど変化は無いようです。あれだけ降っても田面への水の溜りはあまり変わっていません。

 レーダー解析によると、雨は非常に局所的で、隣の館山ではほとんど降っていないようです。今後の予報では、朝方の予報と異なり、ほとんど降らないとのことでs。何とも予報の難しそうな天気です。
 午後近所の人が通りかかり、何をしているのか聞かれ、水漏れで漏れた水を流しているのだと、説明したら、バルブの先に付いている部品を外して、キャップを付ける様にしたらとのこと。確かにその通り、最初はバルブの先の部品が外れないと思っていたので、今の形になったのだが、今の部品を付ける時、先端の部品が外れることを確認していたので、その時点で考えを変えれば良かったのだが。明日にでも部品を調達してこよう。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6353)


Counter: 1625, today: 2, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional