温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2013-05-01

田圃を楽しむ-20。

  • 5月1日

          前に戻る     次へ進む

 苗は概ね4.5葉期を迎え背丈は15cmオーバーに。

 この所気温が低く、苗の生育は遅れ気味です。いつもなら今の時期毎日20度をオーバーして、ハウスの中では背が高くなり過ぎて、あせるのですが。田圃では水温が思うように上がらず、生育もゆっくりになっています。

苗の様子コシヒカリマンゲツもち 左は苗箱全体の様子。そして真ん中が生育の比較的良いコシヒカリ、右がマンゲツもちです。苗箱はやはり手前コシヒカリの葉色が薄いですね。コシヒカリの生育の良いものは、背丈が18cm程度になっています。

 苗の背丈が平均的に15cmオーバーで、葉令が4.5葉期辺りですから、田植えはやって出来ない状態ではありません。出来ることなら後1葉期待って、背丈が20cm弱になった実施したいと思っているのですが。

紅朱雀緑万葉朝紫 左は紅朱雀、真ん中が緑万葉、そして右が朝紫です。紅朱雀、緑万葉は17cm、朝紫は20cm弱になっています。そろそろ田植えが近い感じがしています。朝紫はややか弱な感じがします。

 苗を良く見てみると、葉先が枯れて、しまっているものが見受けられます。気温が低い性でしょうか。また苗箱の周辺部分の葉色が大分薄くなっているものも目に付きます。そこで迷ったのですが、後1葉欲しいととの思いで、化成肥料を少し振っています。これで様子が変わるとは思えませんが。

 これから気温がどうなるか次第ですが、後一週間以内には田植えが出来るのではと思っています。

 周りの田植えをした田圃もあまり調子は良くない感じです。田植えをして一週間もすれば、苗はかなり元気になるのですが、未だ弱々しいものが見受けられます。これからの一週間、天気はまあまあですが、気温はあまり上がらないようです。これからは田植えに向けて田圃の水温を下げないように、水位管理をしてやる必要がありそうです。

  • 5月3日

 押切の田圃、田植え準備完了。

 押切の二枚の田圃の田植え前最後の畦草刈を行いました。これで田植え準備完了、後は苗次第です。勝負田の方は近いうちに行う予定です。本当に気温の低い日が続いています。本来なら一気に背丈が伸びる時期なのですが、なかなか伸びてくれません。田植え機は一応背丈15cmから植え付け可能にはなっているのですが、水を多少なりとも深くしてしまうと、苗が沈んでしまいますから、出来るだけ20cmに近いところまで待ちたいと思っています。

  • 5月5日

 田植えの予定。

 苗の背丈はまだ十分ではありません。一番背丈の低いもので15cm、大体は17cmオーバーと言うところです。一番背丈の高い朝紫は20cmをオーバーしています。今日は明日6日に田植えをしようかと色々と迷いましたが、風が最大で9mほど吹きそうで、やらないことにしました。押切は風の通り道にあたるので、もう少し強くなりそうですから。明日は気温が最近では一番高くなりそうで、苗もそれで多少は伸びるのではと思います。7日以降、多分8日から田植えとなりそうです。
 押切の田圃の方はすでに準備出来ていますが、勝負田の方も今日で準備完了にしました。最初は押切の田圃、苗の様子を見て、別の日に勝負田という事になりそうです。

  • 5月7日

 明日8日押切の田圃の田植えだ。

 明日は風も弱く、晴天の予報。でも気温は低そうです。という事で押切の田圃の田植えを行うことにしました。苗の方は、気温があまり上がらなかったことから、それ程伸びてはおらず、中苗止まりです。押切の田圃の方は未だ水を極端には落としていません。四角田の方は、浅い所が所々見える程度ですから、大体田植えに合った状態かと思っています。三角田の方は、未だちょっと深すぎの感じがしていますから、明日様子を見ながら水を落とす予定です。田植え後様子を見て、水位を調整しようと思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7231)


Counter: 1599, today: 2, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional