温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2012-08-22

田圃を楽しむ-35。

  • 08月22日

          前に戻る     次へ進む

 押切三角田の朝紫刈り取り。

 今朝は涼しいうちにと言うことで、朝6時から朝紫の刈り取りを行っています。

ハサがけした朝紫 朝紫は量が少ないので、10m程のハサで全てまかなえました。最初は畝の方向を間違えて、刈り取りに時間を取ってしまいましたが、畝の方向に合わせて刈り取りをし始めてからは順調に刈り取りは終わっています。ただバインダー用の紐が終わりに近いせいか、結束はゆるめになってしまいました。今回はほんの僅かな量ですから、問題はないのですが、この先大量の稲を刈ることになりますから、十分に調整を行っておくことが必要なようです。
 土の状態はちょっと柔らか目ですが、ハサを作るにはちょうど良い硬さでした。この位ですと手で差し込めますから、非常に楽です。雑草のほうは色々と手を入れたおかげか、ほとんど無く、稲束への巻き込みも僅かで済んだようです。

 次は押切三角田コシヒカリのハサがけ用の刈り取りです。多分周辺部分4畝を刈り取ることになると思うのですが、果たしてどうなるか。

  • 08月26日

 朝紫の脱穀完了。

 今日は午後3時過ぎから朝紫のハーベスターによる脱穀を実施しました。収量は籾の状態で20Kgちょっとで、まずまずでした。脱穀をしながら次に控えるコシヒカリに備えて、ハーベスターの動作確認を行っています。藁の排出が多少良くありませんが、藁をカットするモードでは特に問題無いようなので、まずは一安心。
 三角田のコシヒカリの様子を見ると、ハサがけ乾燥用に刈り取りをするにそろそろちょうど良い時期に近づいている感じです。明日朝もう一度様子を見て、最終的に決めることにしています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6949)


Counter: 1669, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional