温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2012-03-01

田圃を楽しむ-11。

  • 03月01日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田の畦切、畦塗り開始。

 3月に入り、田圃に水が使えるようになりました。そこで押切りの田圃より遅れていた、勝負田の畔切、畔塗りを始めました。こちらの田圃は少し前から排水ゲートを閉め、暗渠のバルブも閉めてあるので、このところの雨で、田圃には水が多少溜まっています。そこで畦切から畔塗りまで一気に行うことにしました。

畦切した南側畦切した西側入水水が溜まります
 畦切をした南側の畦。 同じく西側の畦。 バルブを開けて入水。 溝に水が溜まります。

 田圃には雨だけでかなり水が溜まり始めていて、土はそのままでも直ぐに畔が塗れそうな状態です。切った畦際には、モグラの穴やら、ザリガニの巣穴やら、色々と穴が開いています。ザリガニはこんなところに冬眠していて、掘り出してもほとんど動きません。そのザリガニを狙って、名前は分かりませんが、小型の猛禽類が舞い降りてきて、持っていきます。
 予め畦際に水が入り易いように溝を切っておきましたから、入水して一時間もしないうちに、切った畦際には水が溜まります。2日から雨が降ることが予報されていましたから、出来る所までやってしまおうと思い、仕上げまでは行きませんが、土を寄せるところまでやることにしました。

畔塗り途中南側畔西側畔 左が西側畦を塗って行く工程で、手前が寄せ終わった所、その上が溝に土を寄せ、踏み潰したところ、その上が手付かずの状態です。真ん中が土を寄せ終わった南側畔、そして右が途中まで土を寄せ終わった西側畦です。ここの畔は普通の田圃より畦が高く、一度土を寄せただけでは畦は塗ることが出来ません。

 土質は完全な粘土ではなく、畑にでも出来そうな質ですから、土を一度寄せただけはかなり崩れてしまいます。さらに畦が高いですからなお更です。今日一日では全ての畦に土を寄せることは出来ず、20m程残ってしまいました。
 この後は畦を高くするために、寄せた土の幅を狭めて、更にその上に土を乗せ、傾斜を作って、更に形を直して表面をきれいにして、畦塗りを終えたいと思っています。まだかなりかかりそうです。
 押切りの田圃も同じように畔を塗る必要があります。でもこちらは勝負田よりも畔が低いので、一度土を寄せるだけで、畦が形成出来そうです。ただこちらは畦自体がきちんとしていないので、塗る幅をより広くしたいと思っていますから、こちらも時間がかかりそうです。

  • 03月02日

 勝負田の畦土寄せの完了。

 予報より早く雨が降っています。その雨の合間を縫って、昨日残してしまった勝負田の畦の土寄せをやってしまいました。ついでに南側の畦の整形を始めたのですが、昨日寄せた土が、多少締まり始めています。南側は土質が比較的粘土に近いためだと思います。まだ締めが十分ではないので、あんまり早くに硬くなり始めては困るのですが。土を寄せた後、土を下から盛り上げ、振動を加えて締める予定です。まあ水気が多いので、気泡はほとんど含まれていないとは思いますが。昨日は腕を引く方向に使っていましたが、これからは押す方向に使うことになります。

  • 03月03日

 勝負田の畦塗りと、押切四角田の土寄せ、

 今日は花粉がかなり飛んでいて、花粉症の私にはかなりきつい一日でした。でも不思議なことに、体を動かして運動しているときには、花粉症は出ません。おかげで畑や田圃の仕事には支障はありません。
 土寄せの終わった勝負田で、今日は畦塗りを実施です。畦が高いこともあって、完全には塗りきれず、もう一度整形が必要な感じです。引き続き畦切の終わっている押切の四角田に水を引き込み、土寄せを行いました。水を引き込むに当たっては、この辺りで今年初めて田圃に水を入れるということで、色々と方々走ることになりました。

勝負田押切四角田東畦押切四角田南畦 左が寄せた土を塗り上げた勝負田です。畦の上にも土を乗せています。真ん中は押切四角田の東側の畦で、とりあえず切った畦溝に土を寄せています。そして右が四角田の南側の畦で、掘った溝に溝に水が溜まっています。本当は今日一日でこちらにも土を寄せたかったのですが。

 それにしても勝負田の畦は高いです。押切田の2倍以上はありそうです。寄せた土は多少締まってきていましたが、まだまだ下から押し上げると、上の方はたれてしまいます。畦の上にも土を貼り付けていますが、もう一度きれいに整形することが必要です。
 押切の四角田は土質が勝負田より更に悪く、本当に畑の土です。これでよく水が漏れないものです。畦を切った溝に水を導くと、かなりの箇所で、側溝に水が漏れ出して来ています。音が聞こえてくるので、漏れの位置はすぐに分かりました。溝に土を寄せて、足で踏みつけて土をどろどろにすると、漏れはほとんど止まりました。やはり畦際から漏れていたようです。今日は東側の畦の殆どで土を寄せましたが、残りは明後日以降に寄せたり、塗ったりすることになります。三角田もありますから、後二日以上はかかりそうです。勝負田の方もありますね。
 勝負田の方には、代かきに十分な程の水が溜まっています。明後日からはかなりの雨が予報されています。その時排水ゲートの設定をどうするか、多分代かきの高さにまで下げておくことが必要かと思うのですが、明日仕事が出来ないのが残念です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6845)


Counter: 2417, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional