温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-08-29

田圃を楽しむ-37。

  • 08月29日

          前に戻る     次へ進む

 緑万葉と紅朱雀にやっと穂が出始めました。

 コシヒカリに遅れること約40日、緑万葉と、紅朱雀にやっと穂が出始めました。かなりの晩生の稲です。今台風12号が近付いています。出穂期に台風が来るなんて、最悪です。コシヒカリの時は未だ穂の少ない時に風に吹かれ、低温にいじめられましたが、今度はもう少し条件が良くないようです。

お堂横田んぼ緑万葉紅朱雀 一番左がお堂横田圃の全体です。そして真ん中が緑万葉、右が紅朱雀です。緑万葉は籾が黒っぽく、紅朱雀はその名の通り、紅色をしています。田圃全体に穂が出揃うと、かなりきれいな感じになりそうです。

 田圃の左側が紅朱雀ですが、その所々に背の高い株が見えます。これはバカ苗が育ったもので、本来は苗のうちに取り除くべき物です。ここまで北のですから、もう少し様子を見ようと思います。ついでに走り穂と間違えた別品種の穂も、そろそろ刈り取ろうかと思っています。籾色が全然違いますから、もう少し置いておいても良いかも知れません。天気予報では明日の夜辺りから雨が降りそうです。そして台風次第ですが、暫く雨が続くようです。田圃の水は今かなり低い、と言うより土が出た状態になっています。本来なら水を入れるべきでしょうが、雨を待とうかと思います。雨が降らないようでしたら、明後日にも入水することにしています。
 今周りの田圃では台風の接近を考えて刈り取りが方々で行われています。収穫時期を迎えている時期、台風により田圃がぬかるみ、刈り取りに支障が出ることと、倒伏を恐れてのことです。でも家の田圃は朝紫以外は、未だ刈取りできる状態ではありません。雨の影響で田圃がぬかるみ、バインダーを入れることができない状態になれば、収穫を遅らせるしかありません。果たしてどうなるか。

 明日には朝紫を手刈りする予定です。明日田圃がどの程度乾いていてくれるか、それ次第ではバインダーを入れることもできるのですが、果たしてどうなるか。コシヒカリが作付けて有る部分はかなり乾き始めて、ぎりぎりバインダーが入れられそうな状態ですが、朝紫の部分は乾きが遅いようです。バインダーが使えると、使えないでは仕事量が全く異なりますから。刈取り後はハウスの中に設置したハザに干すことにしています。

  • 08月30日

 朝紫の刈取り。

 台風12号が近付いていて、明日から雨が降る予報です。朝紫が作付けてある場所は未だ乾いていませんので、全て手刈りで刈り取りです。ここは猪にやられて一部倒れたりしていますが、一応の収穫はできそうです。刈取り後、ハウスの中に設置したハザに掛けて干しています。

朝紫の刈取り後ハウスでハザ掛けコシヒカリの様子マンゲツもちの様子
 朝紫を刈り取った跡地です。 ハウスの中でハザ掛け乾燥です。 コシヒカリの様子です。 マンゲツもちの様子です。

 コシヒカリとマンゲツモチは未だ刈り取りできない状態です。田圃の乾き具合も未だですから、台風が去ってから行うことにしました。台風がこれからどのように動くか、非常に気になります。今の予報ではまともに来そうです。雨は田圃をぬかるみにして、バインダーの使用を拒み、風は稲株を倒して、これもまたバインダーの使用を拒みます。現状の田圃の乾き方では、雨が降ると、またかなり水を吸って、ぬかるみます。最悪の状況にならねばと祈るばかりです。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4175)


Counter: 1847, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional