温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-08-22

田圃を楽しむ-36。

  • 08月22日

          前に戻る     次へ進む

 完全倒伏までは行かないものの、かなり倒れてしまった。

 この三日間で70mm程の雨が降り、コシヒカリのかなりの部分で倒伏が発生している。バインダーで刈り取りができない程ではないと思いますが、今までで一番ひどい状態です。今日もほぼ一日弱い雨が降る予報で、更に倒れる可能性があります。
 コシヒカリと朝紫の出穂時期は去年より一日二日遅れた程度、ほぼ同じです。そして落水は8月19日に行っていて、朝紫は8月30日、コシヒカリは9月6日に収穫を行っています。昨年の猛暑のせいも有って、はざをつくるには竹が打ち込み辛く、大変苦労した覚えがあります。そこで今日も雨が降っていることもあり、完全な落水は去年より4日遅れの23日に行うことにしました。

倒伏した田んぼ倒伏の一番ひどい部分マンゲツもち朝紫
 南側から見た田圃です。 倒伏の一番ひどい部分です。 マンゲツもちは大丈夫。 朝紫も問題なしです。

 コシヒカリはかなりの部分で倒伏していますが、マンゲツもち、朝紫は全く倒伏していません。登熟の程度の差も有りますが、背丈の差が出た物と思います。来年以降はこのような状態にならないようにしたいのですが、もともと田圃が持っているものも有り、なかなか上手くは行かないでしょう。

 暗渠のバルブは未だ開けず。

 今日は暗渠のバルブは開けるのを止めました。雨の上がる明日暗渠のバルブを開ければ、天気にもよりますが田圃は徐々に乾き始め、多分朝紫の刈り取り時期(8月30日~9月1日)には田圃に入れるくらいの状態になっている事も期待できます。先日立てた計画より、朝紫の刈り取りが一週間程遅くなってしまいますが。コシヒカリ、マンゲツもちの刈り取りも多少遅れることになると思います。

  • 08月23日

 暗渠のバルブも開放です。

 今朝暗渠のバルブを完全に開放しました。最初は勢い良く出ていた水ですが、直ぐにその勢いは衰え、一分間に10リッター?程度の出になってしまいました。でもこのまま続けば、かなりの量の水が暗渠から排出されます。天気の方はこれから又暫くは雨が降らないようなので、田圃は直ぐに乾いてしまうような気が思案す。場合によっては朝紫の刈り取り後、もう一度水を入れる必要が有るかも知れません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9644)


Counter: 2027, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional