温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-08-07

ハーベスターの故障ー1。

  • 08月07日

          前に戻る     次へ進む

 沈みキーが落ち、エンジンは回転するも動かず。

 月に一度ほど動かしているハーベスター、昨日動かして移動後停止した所、何かチャリンと音がして、その後再度エンジンをかけ、動かそうとした時、動かなくなってしまった。脱穀機側も動かず、これはいかれたかと思ったが、エンジン回転数を上げて動かした所、動き出した。脱穀機側も動くようになっていた。元の位置に移動して、通路を確認した所、沈みキーが落ちているではないか。かなりエンジンに近い所の沈みキーが落ちたのだと、思った。

落ちた沈みキーハーベスターのパワー出力部分位置のずれたプーリーとシャフト 左が通路に落ちていた沈みキー、こんな物が落ちるのだ。真ん中がストローカッター、及びエンジンカバーを外したエンジンのパワー出力部分。そして右が、位置ずれしたプーリーとシャフト。

 エンジンの出力シャフトからベルトで駆動される中継プーリーの部分のキーが外れて、プーリーとシャフトの位置がずれている。ここは構造としてシャフトが回転可能にエンジンブロックに取り付けられていて、そのシャフトと、中継プーリーが一緒に回転するようになっているようだ。でもキーが外れて、動かなかったと言うことは、二段になっている中継プーリーが2ピースになっていて、その二つのプーリーを結合する目的にキーが使われている様子。エンジンの回転数を上げて動いたと言うことは、どこかで噛み付いたと言う事になるのか。
 プーリーは1cm程飛び出した状態になっていたので、軸に切られているねじを使って、押し込み、そのねじで固定しておいた。キーが外れた理由は、このねじが外れたためと思われる。とりあえずはこのままで良いかも知れないが、きちんと直すことが必要なようだ。ここに付いている中継プーリーはシャフトに噛み付いていて、簡単には外れそうにない。ギヤープーラーを使って外しか手が無さそうである。手持ちのギヤープーラでは無理なので、その準備から必要になる。
 ついで色々と見渡した所、ストローカッターの駆動用のプーリーのシャフトへの固定用のビスも付いていない。ここも噛み付いているようだ。機械としては古いために、使っている途中でそうなったのか、或いはメンテナンスで忘れてしまったのかは分からないが、何とも信頼できない機械の感じがする。出荷時にこのような状態になっているとは考えられないので、この機械のメンテナンスをした農機具屋さんの問題かと思われます。大切な所はやはり自分で確認しないと駄目なようです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6001)


Counter: 2186, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional