温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-07-07

田圃を楽しむ-27。

  • 07月07日

          前に戻る     次へ進む

 中干しで多少乾いた所に雨が降り、中干し中止。

 南房総ではこの所ずっと雨が降らず、やきもきしていたのですが、やっと二日間で50mm程度の雨が降りました。周りの田圃は中干しをしていて、そろそろ終了する時期になっています。うちの田圃も多少中干しをしようと、水を減らし、周りが乾き始めたところで、この雨です。水が思い通り使える場所であるなら、細かいコントロールをして、色々と試して見たいのですが、そうも行きませんので、中干しはこれで終えることにしました。
 戦場田にはザリガニがわんさか居ます。周りの側溝にはどこから来るのか、ザリガニが多数たむろしています。今の時期はいたずらをすることは無いので、気にすることは無いのですが、来年のことを考えるとそうも言っておられません。側溝にあふれてくるものは駆除しています。

戦場田コシヒカリ朝紫マンゲツモチ緑万葉、紅朱雀
 戦場田を南側から見たところで、見えるのはコシヒカリです。 戦場田の一番北側の朝紫です。 朝紫の南側のマンゲツモチです。 御堂横田圃の緑万葉(右)と紅朱雀(左)。

 御堂横の緑万葉と紅朱雀は、コシヒカリに比較して、分ゲツが非常に多いようで、こちらは一度中干しをして、無効分ゲツを抑えたほうが良いかも知れません。ただ雑草との相談で、明日からでも様子を見て減水しようかと思っています。なかなか収まらなかったドロオイの被害もここに来て完全に収まった様で、一安心です。
 戦場田の方はまずまずの分ゲツで、敢えて中干しをする必要性を感じません。去年は多少中干しをしましたが、今年周りが多少乾いたところで、中止です。水量としては今までと異なり、かなり少ない、低いレベルで管理しようかと思っています。葉色はやはり周りの田圃に比較して濃いですね。周りの田圃の畦際の株と同じくらいの葉色です。株間を30cmと広くしていますから、その影響も有るかと思っています。御堂横田圃の葉色は、米糠以外は肥料を与えていないのに、普通より多少濃い程度です。横に作っている畑の方は、かなり窒素が少ない感じで、やはり米糠が効いているのかなと思います。来年からは全面で田圃をやるつもりですから、雑草対策と合わせて、この辺りをどうするか、良く考える必要が有りそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3715)


Counter: 1915, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional