温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-05-30

田圃を楽しむ-22。

  • 05月30日

          前に戻る     次へ進む

 稲の生育は去年より少し遅れている。

 早々と入梅宣言、早すぎる感じです。台風2号から変わった温帯低気圧と前線のため、この2日間で170mm程の雨が降った。そのため田圃は今もオーバーフローしている。
 戦場田では、ザリガニがいたずらを始めたようで、切られた稲の葉が風下の畔際に吹き寄せられている。気になる生育具合だが、去年より早く田植えを行なった割には、去年の今ごろと同じ位の生育具合で、やや遅れ気味か。

今年の様子去年の様子お堂横田圃画像の説明
 今年今日の田圃の様子。 ほぼ同じ条件で撮った去年の田圃。 お堂横田圃。 第一回目のザリガニ捕獲。

 一番気になるのは、分ゲツが遅れていることで、大丈夫かと心配になる。写真でも今年の分ゲツの少ない事が分かる。去年はこの頃から一気に成長したのだが、今年は入梅してしまって、あまり好天気は望めない。
 ザリガニは去年2000匹以上捕獲したが、今年は少なそう。今日の捕獲は50匹に満たない。多分少ないのだろう。理由は簡単で、隣の田圃が冬季湛水をしなかったためです。でも安心は出来ない、これから大繁殖だってあり得る。やはり二三日おき位にザリガニ採りを行なう必要がある。

 お堂横田圃はやはり水の持ちが良くないので、特に雑草に対する注意が必要。米糠を散布し、手押し除草機を入れ、更に追加して素手での除草も実施している。これで初期の除草は何とかなっているが、もう一度くらい除草が必要になりそうだ。水の方は適当に濁って、良い感じなのだが、気が抜けない。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0884)


Counter: 2212, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional