温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-05-08

田圃を楽しむ-19。

  • 05月08日

          前に戻る     次へ進む

 お堂横田圃に緑万葉と紅朱雀を田植え。

 緑万葉と紅朱雀、一応4~4.5葉期を迎えたので、早めに田植えを行ないました。理由は他に2つ有って、その一つが生育ムラの発生、そして紅朱雀にバカ苗の発生です。田植えをしないでプールに置いていたコシヒカリ、マンゲツモチの苗が、5葉期辺りで肥料切れを起こし始めました。苗の背丈は田植えをした時点より殆ど伸びていません。自分で混成した床土では、5.5葉期までは持たないことが分かりました。その傾向が緑万葉に顕著に現れています。苗箱の周辺の苗の成長が悪くなって来ていました。ここで追肥は面白くないので、思い切って田植えをすることに。それより更に遅れて播種した紅朱雀、種籾が良くないのか、バカ苗がかなり発生してきました。それをいちいち抜いている訳にも行かず、そのまま田植えです。バカ苗がどのようになるのか、気になるところです。

 コシヒカリ、マンゲツモチ、朝紫は田植えから9日目、そろそろ糠の散布の時期が来ました。こちらは苗の出来があまり良くなく、補植を相当に行なっています。やはり40g/苗箱の種籾量では少なすぎの感じがし始めています。来年からは80g辺りを狙って、見ようかと思っています。80gにした場合は、追肥をどのようにして行くか、相当に検討が必要になります。

お堂横田圃の田植え勝負田の様子 左が今日田植えを行なったお堂横田圃の様子です。こちらは緑万葉、紅朱雀の分ゲツが少ないとのことで、株間を18cmで田植えをしています。右(西側)が紅朱雀、左(東側)が緑万葉です。こちらの田圃は比較的浅く、田植え自自体は簡単に終わっています。ここでの問題は水持ちの悪さです。ここの横幅は約6mで、20畝程出来ています。
 右はコシヒカリの田圃(勝負田)、未だ苗は怪しげです。後一週間もすればしっかりしてくると思うのですが。

 勝負田の方には既にザリガニが出てきています。去年は2000匹以上のザリガニを捕獲しています。今年は果たして何匹捕れるか。苗がやられる前に捕獲しなくては。糠の散布を行なうと、田圃はかなり濁って、ザリガニが見えにくくなります。糠散布前に一度ザリガニ捕獲をする必要がありそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7238)


Counter: 2104, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional