温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-04-02

田圃を楽しむ-13。

  • 04月02日

          前に戻る     次へ進む

 マンゲツモチの一部と朝紫を除いてプールへ入水です。

 苗の成長の差と言うか、発芽率の差と言うか、コシヒカリの早いものは既に1.5葉期を過ぎた感じです。そしてマンゲツモチの一部、朝紫はまだ発芽が揃っていません。でもあまりこのままにしておく事は出来ませんので、今朝思い切ってプールへの入水を行ないました。朝紫とマンゲツモチの一部は、プールから引き上げて、まだ水には浸けていません。

画像の説明画像の説明画像の説明 左がプールへ入水した状態です。かなりの生育むらが分かります。真中はコシヒカリの一番生育が進んでいるものです。そして右が、プールから引き上げたマンゲツモチと、朝紫です。その奥のシートを掛けてあるのは緑万葉です。

 プールへの入水の前に、昨日から催芽した緑万葉を播種しています。コシヒカリと同じように12℃で10日侵種して、32℃で24時間催芽したのですが、今度は芽が伸びすぎの状態にまでなってしまいました。これで果たして根付くのか、心配です。非常に芽が出やすくなっていました。そして今紅朱雀が侵種中で、来週には播種になります。これらは別にプールを仮設置して、そこで育てるつもりです。
 今日はプールへ入水と同時に、苗にローラー掛けを行なっています。ペイント用のローラー刷毛でごろごろとなでてやるのですが、苗は多少傾くだけで、何の事は無いようです。これから何回もローラー掛けをすることにしています。プールの水位は苗箱の縁と同じくらいで、土面から約10mm程です。暫くはこの水位を保つ予定です。それにしても、マンゲツモチの一部と、朝紫は何時プールへ入れられるのでしょうか。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2212)


Counter: 2036, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional