温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-02-19

田圃を楽しむ-4。

  • 02月19日

          前に戻る     次へ進む

 平成23年度お米栽培計画。

 今年も2月の後半に入り、お米作りの具体的な作業に入る時期になりました。先ずは栽培計画の策定です。去年は苗作りの段階からトラブルに巻き込まれ、田植えが予定より一週間程遅くなってしまいました。今年もトラブルを起こした同じポイントで、新しい試みをしようとしています。床土への混和肥料を、自分で作ったEMボカシ、竹灰、ピートモスでやってみようと言う事、更に籾殻薫嘆を床土の1/3混ぜ込む事です。懸念される事は、床土の酸度と、EMボカシ。EMボカシの肥料成分がきちんと働いてくれるかどうか、また去年の二の前はしたくありませんから。更に朝紫とミルキープリンセスの種籾に、自家採種の籾を使う事です。コシヒカリと、マンゲツもちは購入した種籾を使いますが、来年以降は基本的には全て自家採種の籾を使おうかと思っています。

                                                                            
 予定月日作業内容          説明その他                   実施日
2月21日肥料手配今年はマドラグアノ、ダーウイン1000を考えています。ダーウインはカルシウム肥料です。
マドラグアノ(20Kg)5袋、ダーウイン1000(20Kg)3袋注文。

2月20日
2月25日肥料散布マドラグアノは粒を頼んだつもりが、粉だった。2月26日
2月26日二回目の耕起トラクターは尾輪を付けて、浅く耕起。2月26日
 3月1日籾の塩水選
     温湯処理60℃7分間。
     侵種スタート今年は温度の安定している室が使えるので、気楽に出来そうです。
 3月2日畔切り本来必要な南側と畔修正のため、西側も行なう予定。
 3月3日一次入水
 3月6日米糠発注除草用の米糠で、120~150kg程発注予定です。これが窒素肥料になります。
     床土混和
3月10日畔塗り
3月13日プール設置
3月13日催芽
3月14日播種
3月20日一回目代かき
4月23日二回目代かき
 5月1日田植え
 5月5日補植
5月11日米糠散布
5月17日一回目除草

 まあ大体こんな感じになると思います。実際にはお天気や、籾の様子により変ってくると思います。
 作付けする品種は、コシヒカリがメインで、それにミルキープリンセス、マンゲツもち、朝紫の4品種です。
 今年はダーウイン1000と言う天然カルシウム肥料を容れて、丈夫な株にしたいと思っています。去年の感じからすると、まだ窒素が効きすぎているようですから、その抑制にもなるかと。
 今年は田圃の他に非常に厄介な仕事があり、それによっては田圃の方は予定通りには進まないかも知れません。厄介な仕事は出来るだけ早く方付けたいのですが、なかなか上手く行きそうになく、時間がかかりそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5861)


Counter: 2094, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional