温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2017-09-17

 来年の準備ー1。

  • 9月17日

          前に戻る     次へ進む

 来年に向けて、稲わら、米糠、醗酵鶏糞を溝に埋め込みです。

 4月に今年のトマト栽培のために、堆肥や、米糠、醗酵鶏糞、籾殻を溝に埋め込んでいますが、今回は堆肥、籾殻の代わりに稲わらを敷き込んでいます。溝を掘ってみると、籾殻の一部がそのままの形で残っていました。やはり籾殻は発酵しにくいようです。

まず深さ50cm程度の溝を設置溝に稲束60余り敷き詰め米糠散布醗酵鶏糞散布
 深さ50cm程の溝を設置します。 朝紫の稲束60程を溝に敷き詰めます。 その上から米糠5Kg程を散布します。 更に醗酵鶏糞7.5Kg程を散布します。
水遣り土寄せ完成 左は溝に60-リッター程遣ったところで、真ん中は掘った溝に土を寄せた所です。そして右はハウスの真ん中にも溝をもう一本追加して、同様の処理をして、水を遣った所です。

 後更に右側(西側)にもう一本溝を設置して藁を埋め込む予定です。今は籾殻が10袋程置いて有り、田圃への散布を待っている段階です。
 埋め込んだ藁がどの程度の期間で醗酵するか、良く分かりませんが、来年春にはもう一度掘り起こして堆肥を埋め込もうかと思っています。今の所ハウスではトマトだけを栽培する予定ですが、冬場に何か作ることが出来ればと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4594)


Counter: 216, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional