温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2017-05-13

 メロンとトマトの栽培ー3。

  • 5月13日

          前に戻る     次へ進む

 トマトの苗の植付。

 播種が遅れて、植え付けの遅れていたトマト、今朝31本植え付けしました。メロンの方は竹で支柱を作り、設置してありますが、トマトの方は支柱は使わず、釣り紐でガイドすることにしています。と言うことで、根の植付前に、釣り紐を設置しています。

植え付けたトマト苗支柱の設置されたメロン畝 左が植え付けたトマト苗です。2畝に植え付けますが、未だ苗が小さくて、残りは植え付けできません。その代りに田植え機が鎮座です。植え付けたトマト苗は小さすぎる感じはしますが、しかたありません。天井の梁からは釣り紐が垂れています。右はメロンの畝で、竹で支柱を組んで有ります。トマトは釣り紐で実を支えられますが、メロンは重すぎて支えられませんので、このようにしてあります。

 これからトマトをどのように育てていくか、難しそうです。出来るだけ乾燥に耐えられる様に、しっかりした根っこを育てたいので、可能な限り水を抑えて育てたいのですが、簡単に行きません。ハウスの中は表層50cm程が山砂で、その下が粘土になって居ます。従って粘土層に根っこが届くようになれば、水をひかえることが出来るようになるのですが、なかなかそれが分かりません。一応畝の中には堆肥が入れて有りますから、ある程度大きくなれば、水は控えめに出来るとは思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9523)


Counter: 237, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional