温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2016-04-30

マスクメロンとトマトの栽培-2。

  • 4月30日

          前に戻る     次へ進む

 マスクメロンの定植。

 マスクメロンの苗が大分大きくなって来ました。色々な条件の種7種類を播種していますが、一種類だけ発芽、生育が良く無く、これは定植をしない事にしました。
 一方桃太郎ファイトの方は一応順調に育っていますが、未だ定植には早いと判断して、定植はしていません。

ハウスに定植したマスクメロン桃太郎ファイトの苗 マスクメロンは定植用の穴に醗酵鶏糞のペレット一握りを入れ、水を500cc程入れて、土を戻し、その上に苗を置いて、土を掛けて、更にその上に籾殻燻炭をおまじないでかけています。そしてその後周りに水をたっぷりと与えています。定植した苗の数は、33株です。桃太郎ファイトの苗は定植可能な大きさにまでなって居ますが、第一花が着くまで待った方が良いとのことですから、出来たらそこまで待てればと思います。こちらの苗は24株を考えています。

 マスクメロンは別に色々な種類がある訳でなく、全てF1の子供、または孫です。どのような実から採ったか、どの様に受粉したのか等で分けています。メロンの種の寿命は非常に長いようで、冷凍して置けばビックリするほどになるようです。常温でも数年は持ちそうです。マスクメロンを定植後籾殻燻炭を少し撒いていますが、これは気休めで、もう少し大きくなったら、稲藁を敷く予定です。
 ハウスには未だ田植機が置いてありますが、田植が終われば物置に移動します。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2812)


Counter: 281, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional