温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2016-04-15

マスクメロンとトマトの栽培-1。

  • 4月15日

          前に戻る     次へ進む

 稲の苗箱も方付き、マスクメロンとトマトの準備開始です。

 
 マスクメロンはF1の子供、孫、の自家採種の種で、どんな実が成るか、分からないものです。昨年は一応甘みは少ないものの、一応食べられる物が収穫出来ました。今年も懲りずに昨年と同じ種を使ってのマスクメロン栽培です。
 トマトはこれもF1の昨年収穫した物の種で、品種は桃太郎ファイトです。トマトなんかは種はそれ程の値段はしませんから、売っている物を使えば良いと思いますが、ハウスでの一年置きの栽培になりますから、それに耐えられるかどうかの試し栽培です。

メロンとトマトの栽培準備中のハウスマスクメロンの色々な苗桃太郎ファイトの苗 左が稲の苗箱を方付け、天井から紐を垂らしたハウスです。そして真ん中は、色々なマスクメロンの苗です。右は昨年桃太郎ファイトから採取した種から育てている苗です。ハウスの中にはその他色々な苗が準備されています。

 天井からの吊るし紐は何時もは5畝作るのですが、今年は3畝にしています。畝数を少なくして、少しでも日当たりを確保しようと言う狙いです。そして更にいつもとは異なり、畝を高く作って居ません。平畝でやる予定です。畝の部分の下には、昨秋色々な物が鋤き込んで有りますから、今年は特に何も入れずに行います。
 苗は未だ定植するには小さすぎますから、本葉が3から4枚出るのを待ちます。昨年はマスクメロン生育むらに懲りています。節間をあまり伸ばしたく無いとして、潅水を出来るだけ抑えたことが原因ではと思っています。そこで今年は苗を揃えて、最初の内は水遣りをしっかりして、ある程度育ってから潅水を抑える様にしようかと思っています。家のハウスは表面50cm程が山砂で、その下は粘土層になって居ますから、ある程度育った後は、水気が比較的多い環境での栽培になるかと思っています。今年は更に平畝ですから、水気には更に注意が必要になりそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6526)


Counter: 371, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional