温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2015-07-01

今年のハウス-8。

  • 7月1日

          前に戻る     次へ進む

 メロンは昨日と今朝で19個受粉。株数は25になりました。

 マスクメロンの雌花への受粉を始めて7日目、合計で56個への受粉になり、株数も25となりました。一株で3個の雌花に受粉しています。そろそろ選別しても良い時期になりそうです。

マスクメロンの林受粉後7日目のマスクメロン受粉後7日目のマスクメロン2 左二枚が受粉後7日目のマスクメロンです。未だ選別にはちょっと早い感じです。右はメロンの林で、生育の悪い西側の株はかなり取り除いています。潅水もしないのに、毎朝葉先には水玉が付いています。

 マスクメロンは、第12節から第15節の脇芽になる雌花に受粉しています。そしてその上大体10節辺りで芽止めを行っています。芽止めの下には2本程度脇芽を伸ばす感じです。今最初に受粉した物が3~4cmの大きさになって居ます、そろそろ選別を考えないと、受粉した脇芽が邪魔になりそうです。それにしても順調ですが、今一株の下の方にうどん粉が現れ始めていて、要注意です。
 マスクメロンはハウスのの中で栽培しますが、その理由は、ウリハ虫の被害を避けることと、葉っぱが簡単に取れてしまうこと、そして水の管理が難しいこと辺りです。

 真ん中の畝のマスクメロンの下葉にうどん粉病がかなり目立ってきました。そこでまずは酢の希釈液を噴霧してみました。これで駄目なら、次はカリグリーンの散布です。水で薄めるのではなく、尿素の希釈液で薄めるのが良いそうですが、先ずは様子見です。この所の機構が影響しているのでしょうか。

 桃太郎ファイト、実が赤らみだしました。

 この所結構雨が降っています。ハウスの北東には井戸が掘って有り、水が枯れることは無いほどですから、ハウスの下の方には十分な水が供給される感じになっています。その為ハウスの東側には手入れもしてない性も有り、雑草がかなり茂っています。そろそろ収穫時期が近づいて来たようです。

トマトの林赤らみだした桃太郎ファイトちょっと色付いて来たファイト左がかなり赤らんだ桃太郎ファイト、そして真ん中が色付きだした桃太郎ファイトです。右はトマトの林で、手前側が桃太郎EXです。そろそろ第5果房が出て来ていますから、芽止めの予定です。手入れがやや遅れています。

 連作障害は未だ見られない感じです。ただこちらも潅水をしないのに、赤らみだして来た実の上の方に割れが見て来ています。基本的に外からの水がかなり浸みこんでいると言うことの様です。特にトマトを作っている東側は、隣に山を抱えていますし、その南側にも竹藪を抱えていますから。メロンを作っている西側には、それ程水は供給されないはずなのですが、それでも多いようです。
 一番赤らんだ実を食べてみました。上から見ただけでは分からなかったのですが、下側は虫にやられていて、1/3程は食べられませんでした。未だ完熟ではないので、酸味が強いのですが、味はまあまあでした。

  • 7月2日

 今朝15個受粉。株数は29になりました。

 受粉もそろそろ終わりに近くなりました。上手く行けば29個のマスクメロンが採れる予定ですが、F1の自家採種の種からの栽培ですから、食べられる物がいくつ採れるか、分かりません。先ずは形の良いものを選別することになるかと思います。
 トマトの方も今朝辺りから一気に赤らみだしています。この所雨が多いので、割れの方が心配になります。

  • 7月3日

 桃太郎ファイト試し取り。

 先日は虫食いを取りましたが、今日は本当の試し取りです。

桃太郎ファイトの試し取り 左が試しに取った桃太郎ファイトです。未だ赤らみは少ないのですが、十分に亜食べられるレベルにまで来ています。この所雨が多いので、割れが心配ですが、今の所全く割れていません。試食の感じでは、未だ酸味が強く、甘みは少ない状態です。これから熟して行けば、良い味になるかと期待しています。桃太郎EXの方は未だ色付くまでは行っていませんが、大きさはファイトより大きな感じで育っています。今年は両者から自家採種の予定ですから、そろそろ株を決めて、どの実にするかも決めようと思っています。こちらは完熟より更に熟させる必要があります。実一つで大量に種は取れますから、ファイトとEXそれぞれ一つで十分だとは思いますが。

 マスクメロンの方は受粉は終わりの感じです。そろそろ最初に受粉した物が、そろそろピンポン玉程の大きさになりますから、来週にはどれを残すかの選別に入るかと思っています。今の所形は良いものが多く、選別に困るのではないかと思うような状態です。

  • 7月4日

 マスクメロンのうどん粉病対策に、カリグリーンを尿素希釈液に溶かして散布。

 カリグリーンは原料が粗製加里塩で、水溶性カリが37%含まれ、基本的にはカリ肥料です。それを窒素肥料である尿素希釈液に溶かしての散布ですから、あまり気にせず使用できます。ただ初期症状にしか効果が期待できないので、果たして効果が出るかどうか、分かりません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2849)


Counter: 872, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional