温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2015-05-09

今年のハウス-3。

  • 5月9日

          前に戻る     次へ進む

 トマトとマスクメロンを作るため、ハウスの最終的準備完了。

 マスクメロンと桃太郎ファイトの苗がかなり大きくなって来ました。そこで今日はハウスの最終的な下ごしらえを行いました。これで支え以外は準備完了です。

籾殻燻炭散布EMボカシ散布卵殻石灰散布 全体を耕起した後、先ず籾殻燻炭を大量に敷き詰め、更に耕起後、EMボカシを畝部分に、更に耕起後卵殻石灰を畝部分に散布。更にこの後発酵鶏糞を多少散布後、耕運機で全面耕起です。肥料気はそれ程鋤き込みません。

 今年の1月既に畝部分には、有機物が色々と鋤き込んで有り、今回は籾殻燻炭の鋤き込みが主目的です。少しでも連作障害を少なくしようと言う試みです。

畝立畝部分に十分な潅水畝間に十分な潅水 色々と鋤き込んだ後、一度刈畝を立て、畝の部分にかなりの量の水を流し込みます。そして次に畝間に大量の水を流し込みです。井戸からポンプで汲み上げて、井戸が空になるまで流し込んでいます。

 井戸の水は300リッター以上有、それを全てハウス内に流し込んでいます。多分畝の部分に100リッター、畝間に200リッター以上を流し込んでいます。
 

畝を完成 最後に畝の部分を整形して今日の作業は完了です。真ん中の畝の部分にだけ、畝の上から散水しています。明日には全ての畝の上に散水するつもりです。トマトとマスクメロンを作るに当たり、本格的に水を潅水するのはこれが最初で、最後になります。後は必要に応じて、畝の上から散水する程度になります。
 これで連作障害がどのようになるか、出ないで欲しいのですが。マスクメロンは一応連作では無く、一年開けていますから、多分大丈夫かと思いますが、トマトは完全な連作です。マスクメロンはF1ですが、種は自家採種ですから、どのような実が成るか、全く分かりません。苗は今の所なんの問題も無く育っています。自家採種の種には色々な掛け合わせの物が有り、その交配も問題です。

 昨年はトマトの支えは、ハウスのパイプから垂らした、バインダー用の麻紐で行いましたが、失敗でした。土の部分で紐が腐って、切れてしまいましたから。今年は腐らない紐を使って支えを作ろうかと思っています。PPバインダー紐辺りにするか、それとも吊り紐専用の紐にするか、明日にも決めたいと思っています。

  • 5月12日

 支えの支柱を追加し、吊るし紐を設置、そしてマスクメロンの植え付け。

 田圃の畦草刈も終え、台風も接近していると言うことでも無いのですが、今日はハウにメロンを植え付けました。畝は作って有りましたが、吊るし紐は未だ準備できていなくて、先ずはその設置からです。

支柱の追加と吊るし紐の設置支柱の根元で調整可能にメロンの上植え付け完了 左は4本の支柱を追加して、上から吊るし紐を垂らしたところです。吊るし紐の下をヘアーピン杭で固定しピンと張っています。そして右はマスクメロンの苗の植付完了です。苗は色々な状況の物47本です。

 追加した4本の支柱は下の部分で高さ調整が出来るようにしてあります。シテが柔らかな土ですから、沈み込みを考慮しての事です。苗は全て自家採種した種から育てたもので、F1(一代交配)の子供に当たるものです。以前一度作って失敗していますが、再トライです。一本でも二本でもまともな物が出来ると良いのですが。

  • 5月13日

 桃太郎ファイト、桃太郎EXの苗植え付け。

 昨日に引き続き、今日はトマトの苗の植付です。桃太郎EXと、連作障害に強いと言われる、桃太郎ファイト、の苗です。昨年ミニトマトのアイコとイエローアイコを作付した、ハウス東側に植え付けです。昨年ホーム桃太郎を作付たハウス西側には、昨日マスクメロンを植え付けていますが、こちらは連作障害の問題より、F1の自家採種の種を使っている方が問題となりそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2758)


Counter: 1010, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional