温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2014-07-26

ハウスの様子ー8。

  • 7月26日

          前に戻る     次へ進む

 雑草だらけのハウス。

 雑草がハウス全体に繁茂しています。雑草の繁茂するハウスなんて有りえないのですが、敢えて実験です。

雑草だらけのハウス 左はハウスの入り口付近から見たものですが、雑草がかなり茂っています。あまり大きくなると、トマトの下の方に日が当たらないようになりますので、時々はカットしています。このような状態のハウス、水を全く遣らなくてもトマトは萎れることは有りません。逆に水分が多すぎて、実の割れるものまであります。雑草は地下からかなりの水分を吸い上げているのでしょうか。ハウスの中は、信じられない程暑くありません。サイドと妻面の換気をしてはいますが。この状態でトマトにとって水分が過剰なのか、適当なのか、分かりませんが、イエローアイコと甘太郎は少し割れを発生しています。やはり少し多いのでしょうか。アイコには割れは全く見られません。

 ハウスには有機物が少ないので、稲わら、や雑草堆肥などを入れていますが、雑草もその足しになるかと思っています。朝方土の表面を見てみると、乾いた状態では無く、湿っています。雑草だらけでは困りますが、この程度なら許容範囲かと思っています。

 今年のトマトは全て自家用か。

 当初は出荷を考えていたのですが、ミニトマトのあまりにもの安さに、出荷せずに、全て自家用にする事になりそうです。イエローアイコは割れやすいですが、普通のアイコに比較すると、甘くて美味しいですね。甘太郎もそろそろ収穫が出来るようになって来ましたが、こちらはもう少し様子見です。あまりにも安いようなら、こちらも全て自家用になってしまいます。
 今日今年初めてつくつく法師の鳴き声を聞きました。未だ7月だと言うのに、早い感じです。ヒグラシは少し前から鳴いています。今一番うるさく鳴いているはアブラゼミ。エアコンの無い家では、今窓を開けっ放しにしていますから、鳥からセミ色々な鳴き声が聞こえてきます。午後4時を過ぎると、ヒグラシの声が一番大きく聞こえます。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3914)


Counter: 939, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional