温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2013-10-25

ビニールハウスクリーニングー1。

  • 10月25日

          前に戻る     次へ進む

 ビニールを張り替えて初めてのクリーニング。

 2008年12月に作ったビニールハウス、昨年4月に風で天井を破られ、張り替えて1年半、天井部分東側の汚れ(主にコケによるもの)がひどくなり、今日クリーニングです。

クリーニング後の外観クリーニンフ後の内側 左が西側から見たハウスの外観です。右はクリーニング後のハウス内部です。ハウス内部の左右、虫除けネットの部分がだいぶ緑がかっていますが、天井東側も同じうようにコケがかなり付いていて、日差しをダイブ遮っていました。西側は、東側ほどではないのですが、かなり汚れていました。そこで今晩から明日朝にかけて大雨が降るとのことで、思い切ってクリーニングを行いました。おかげで内部から外の木の姿がよく見えるようになりました。

 今年は稲の苗の出来も今ひとつ、さらにはトマト、メロンも失敗しています。原因の一つとして、この天井の汚れが考えられるのではないかと思います。クリーニング前はハウスの中に入って、明るいと感じたことはなかったのですが、クリーニング後は明るさを感じるようになりました。如何に汚れていたかです。
 クリーニングは最初太目のロープにタオルを巻きつけて、そのロープを引張るようにして行いました。でも思うようにクリーニング出来ず、結局デッキブラシと、塗装用のローラー刷毛の回転を固定したもので行っています。ハウスの内側も汚れが目立つところは、棒の先に布を付けて、濡らして拭いています。今夜から明日にかけて大雨が降るとのことで、浮いた汚れはきれいに落とされると期待しています。
 次はサイドの防虫網の部分です。写真からも分かるようにかなり緑色になっていて、クリーニングが必要な状態です。こちらは多分高圧洗浄機でやれば良いかと思います。外側からだけではなく、内側からも必要かと思います。

  • 10月26日

 ハウスの両サイド、妻面クリーニング。

 今日も雨、と言うことで引き続きハウスのクリーニングです。

東側サイド南側妻面 左が東側サイド、そして右が南側妻面です。防虫網の部分は内側から高圧洗浄機で洗い、ビニールの部分は塗装用のローラー刷毛を固定したもので擦ってクリーニングです。今日これからは雨はあまり強くは降らないとのことで、そろそろ今回のクリーニングも少終了です。ハウスを本格的に使うのは来年の3月以降です。それまでどのように使うか、課題です。これからは秋、冬に向かいますからコケもあまり生えないと思いますから、稲の育苗にはこのままで全く問題ないと思います。

 ハウスの天井外側に不織布を取り付け、風の力で屋根が汚れないように、或いはクリーニングすると言う方法もあるようです。やってみる価値はありそうですが、実際にハウスを使用する時には外す必要があります。これからハウスを使う予定を入れると、この方法は使えないようです。毎年時期を決めて今回のようにクリーニングするのが一番良いのかも。
 明日には南北両妻面の防虫ネットの部分に、外側からビニールシートを被せ、冬モードに変更です。妻面の通気が無くなると、ハウス内部は、サイドの換気を開けない限り、かなり保温が出来るようになります。来年の稲の育苗時期、3月中迄はこの状態が保持されます。ハウスの中で、これから稲の育苗時期まで何を作るか、今日は早速苗を育てていたチマサンチュウを植え付けました。まだまだ色々と出来そうです。

  • 10月28日

 妻面の防虫ネット外側にビニールシート被せ。

 予定より一日遅れで妻面の防虫ネット外側にビニールシート被せです。妻面の換気が無くなった事で、ハウスの中はかなり熱くなった感じがします。でもサイドの換気を図れば、ある程度は高温になることを防げます。でもこれでは稲の育苗には暑すぎるようになりますから、遅くとも4月には又撤去となります。
 昨日は、家の東側にある藪の中に放置されている杉が、倒れて来ていると言うことで、そこの地主さんと一緒にその処理です。久々にチェンソーを使っての作業で、2時間ほど掛けて終了しました。杉の枝が竹に引っかかり、引きづり下ろすのに苦労しました。藪の竹は倒れる時にはほぼ枯れていますから、倒れ掛かる方への被害は殆どありませんが、杉等の大木はそうは行きません。藪の中をよく見てみると、未だ倒れ掛かりそうな杉の大木が何本かありす。これらも時期を見て切り倒す必要がありそうです。

  • 10月29日

 今日は朝から又雨、ハウスクリーングの仕上げです。

 何とも最近は雨がよく降ります。今日はハウスの内側から各部分のビニールシートをローラー刷毛(回転を停めて)で擦り、更にもう一度外側のクリーニングを実施しています。これで今回のクリーニングは終了です。以前に比較すると相当に綺麗になり、明るくなりました。ついでにハウスの南側にあるビワの木も大幅に剪定して、ハウスが汚れたり、日を遮ったりすることが少なくなるようにしています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8126)


Counter: 2607, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional