温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2013-07-16

ハウスでマスクメロン作りー6。

  • 7月16日

          前に戻る     次へ進む

 トマト同様マスクメロンも今年は諦め。

 途中まではまあまあかと思っていたマスクメロン、結局駄目になってしまいました。うどん粉病、エカキ虫、コナジラミ、等々色々な原因で、ひどいものは下葉が真っ黒になるほどの状態になってしまいました。これではトマト同様に諦めざるを得ません。やはり連作障害なのかと思います。

メロン全体色々な症状縞の入ったメロンハウス全体を潅水
 ハウスメロンの全体です。 色々な症状の出ている葉っぱ。 縦じまの入ったメロンの実です。 メロンは取り除き、潅水です。

 今年はハウスの作物は全滅となりました。基本的には連作障害だと思いますが。しばらく目を離したところで、一気にやられてしまった感じです。症状としてはトマトより悪い感じで、来年以降どうしようかと悩むレベルです。トマトについたアブラムシもそうですが、何かアリが関連しているような気もします。去年はハウスの中にそれほどたくさんのアリはいませんでした。でも今年は異常に多くいる感じでした。まずはこのあたりを寄せ付けないようにする必要があるかと思います。
 もう一つ気になったことは、メロンを抜いた跡を踏み込むと、ずぼっと足が沈み込んでしまったことです。生堆肥を入れたところが、空洞になっている感じです。苗の植え付けの直前に生堆肥を入れたことは、やはりあまり良くない事かと思います。
 そこでという訳ではありませんが、トマトのメロンの跡地でスイートコーンを作ってみようかと思っています。そして収穫後、スイートコーンの茎葉を鋤きこんで見ようかと思っています。スイートコーンは残菜がかなり出ますから、それを鋤き込めば、土にかなり有機物が増加するのではと期待できますから。ついでに畝間には燕麦なんかもと考えています。とにかくイネ科の植物で、ハウスの中を埋め尽くしたいと思っています。

トウモロコシの播種 午前中に一応準備が出来たところで、早速スイートコーンの播種です。トウモロコシはかなり水分を必要とすることから、畝間に潅水用の溝を掘り、片側から流し込める形にしてあります。ただ真ん中の畝はその両サイドに浅い溝を設置して、ここに潅水します。
 今日は午前中を含めて水を400リッター以上入れていますが、まだ十分では無いようです。発芽を確認してから、溝に水を張り、十分な水を与えたいと思います。更に状況を見ながら、燕麦、或いは何か麦類を畝の両サイドに播種出来たら良いかと思います。スイートコーンの根元に何かを作るということも有り得ます。とにかくハウスの中を緑で埋め尽くしたい気持ちです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9820)


Counter: 1555, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional