温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2013-05-11-2

ハウスでトマト作りー3。

  • 5月11日

          前に戻る     次へ進む

 植え床の酸度調整と苗の状態。

 牡蠣ガラ石灰等を入れて植え床の酸度調整をしていましたが、どうしてもPH5前後で変化無く、今日メロンの植え床共々、さらに追加して酸度調整をしています。トマトにとってカルシウムは欠かせない栄養素で、どんなに有っても問題にならないと思っています。それよりも酸性であることの方が問題だと思い、今回の処理になりました。
 トマトの苗はホーム桃太郎、甘太郎共々かなり大きくなってきています。ミニトマトの苗が一番早く育っていて、そろそろ植えつけ可能ですが、斜め植えをしようと思うと、まだまだな感じです。

ホーム桃太郎の苗ミニトマトアイコの苗 左がホーム桃太郎の苗で、右がミニトマトアイコの苗です。苗を斜め植えにするには出来れば背丈30cm程になり、花芽が着いて欲しいのですが、そこまで待てるかどうか。今年は是非おいしいトマトを、出来るだけ長期に収穫したいと思っていますから、その時その時で、出来ることはしていきたいと思っているのですが。そんな中で今出来ることが酸度調整と、健全な苗つくり。

 今日牡蠣ガラ石灰を梳き込みましたから、しばらくは土の酸度がどうなるか、様子見です。これで変化しなければ、そのまま植え付けとするつもりです。じわじわと効いて来るでしょうから。
 苗のほうは植え付け時期が近づいたら、水絶ちを行う必要がありそうです。今年は竹で棚を作らずに、上から吊るす方法で育てますから、その準備も必要です。今は田圃の方が忙しく、本来はとても手が付けられないはずなのですが、今日は雨で田圃仕事は出来ず、仕方なくハウスで仕事になっています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2254)


Counter: 1691, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional