温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2012-09-08

ハウスでメロンとトマト作りー13。

  • 9月08日

          前に戻る     次へ進む

 メロンの収穫を完了、ハウス内部を方付け。

 オリジナルの種と自家採種の差は甘味でした。

 オリジナルの種から育てた物と、自家採種した種から育てたメロン、見た目にはそれ程差は無いのですが、試食してみてその差がはっきりしました。甘味が違いました。でも美味しさには全く差が無いと感じました。薄味が好きな私にとっては、自家採種の種から育てたメロンのほうが好みかも知れません。でも近所、親戚に配るには、どうしても自家採種の種から育てたものでは、無理のようです。
 今日は残っていたメロンの収穫を行い、一気にハウスの中を片つけてしまいました。これで今年は後来年の準備をして、終わりです。溝を掘り、その中に藁、EMぼかし、等を入れて埋め戻し、平らにして終わりです。

オリジナルの種から育てたメロン自家採種の種から育てたメロン大自家採種の種から育てたメロン小片つけ終わったハウス
 オリジナルの種から育てたメロンです。 自家採種の種から育てたまともなメロンです。 自家採種の種から育てた小さめのメロンです。 メロンの棚を片つけてすっきりしたハウス内です。

 メロンは家だけで食べるには多すぎ、出荷するには少なすぎます。自家採種の種から育てたメロンまで出荷できれば、出荷するのですが、これは無理です。結局オリジナルの種から育てたメロンは、近状の人達、子供、兄弟と言った親戚の人達に配って終わりそうです。
 来年以降どうするか、悩み所です。オリジナルの種から見て、三代目の種も今年自家採種出来ることから、3種類の種を使えそうだからです。自家採種の種から育てたメロンをもう少し色々と食べてみて、味を比較し、決める事にしようかと思っています。

 株の最終状態は良好でした。

 メロンの一番の大敵は、うどん粉病だと思っています。私の場合は対策として、納豆液、及びカリグリーン(炭酸水素カリウム)、尿素を使っています。初期は納豆液で対処し、途中からうどん粉の出方を見て、カリグリーン、尿素の希釈液を葉面散布しています。

撤去時のメロン棚 左の写真は、棚撤去時のものです。下葉が適度に枯れていますが、上の方はまだ元気です。下の方から出ている脇芽が伸びたものは、かなりうどん粉の気がありますが、上の方には全く見当たりません。知らないでいると、あちこちにメロンの実が出来ますが、上の方に出来る実は結構良い状態で、大きくしてやれば食べられるかも知れないと思うほどです。ハウスの背が低いために、上の方は曲がって、下の方に垂れてしまっていますが、折れない限り大丈夫なようです。これも課題の一つで、どのように管理したら良いか、まだ分かっていません。上のほうで芯を止めて、脇芽を生かしてやらないと、木は弱ってしまう感じがしています。左の写真で、上の方がにぎやかなのは、脇芽の伸びたものが有るおかげです。もっとすっきりした形になると良いのですが。

 樹の形としてはそれほど悪いとは思いませんが、もう少し節間が詰まったら更に良くなると思うのですが。

 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8675)


Counter: 1821, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional