温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2012-06-16

ハウスでメロンとトマト作りー5。

  • 6月16日

          前に戻る     次へ進む

 トマト開花、トマトトーン散布。

 繁茂していた脇芽も一斉に取りました。

 二日ほど前にトマトの花が咲き出したな、と思っていたのですが、今日チェックしてみて、全ての株で開花しているのが確認できました。そこで早速着果促進剤のトマトトーンを、第一果房に散布してやりました。そしてかなり伸びてきた脇芽も一斉に削除です。天気のほうはこれから本格的な梅雨になり、あまりお日様が望めません。そして水気も多くなりますから、ハウスのサイドは閉めっぱなしになります。

よく伸びた脇芽桃太郎の花
 第一果房への着果は大切なようで
ぜひ実に成って欲しいものです。
一つの果房には5個程度の実を
付けさせます。開花前後三日間が、
トマトトーンをかける最適時期だ
そうです。各株にはすでに第二果房
が付きはじめています。
全体の様子
脇芽を釣取り除いて、かなりすっきり
しました。トマトの生命力は非常に強
く、取った脇芽を挿し木しておいて
も、ちゃんとした株になるようです。
畑のほうにはその様にして挿した
ミニトマトがあります。
 一番左は脇芽を取る前の甘太郎の株です。根元に近いところから、勢いよく脇芽が伸びています。毎年取り忘れた脇芽がいつの間にか伸びてきて、びっくりするほどの状況になってしまいますから、今年は出来るだけ早い段階から注意して取ろうかと思っています。
トマトの栄養状態が今どうなっているかか、良く分かりませんが、不足してはいないと思います。又葉っぱがカールしている事も無いので、窒素が効き過ぎている状態でも無いようです。下のほうの脇芽を取ったことで、これからは上のほうの実の方に栄養が回ると思います。

 メロンには巻きヒゲが出ています。

 メロンの方は、第6節から7節目に来ていて、巻きヒゲも出てきました。下の方は節間が詰まっていますが、ここへ来て節間が開き始めています。

メロン 巻きヒゲは葉っぱにとっては、かえって邪魔になりますから、そのままにせず、取る事にしています。ヒゲが葉っぱに絡みつき、葉を痛めつけてしまいますから。メロンに関して、今年の課題はいろいろとあります。一株にいくつ成らせるか、自家採取の種から作った株に、どの株の花を交配させるか、次の自家採取はどこから行うか、そしてどこで芽止めを行うか。着果は12から15番目の子蔓に3個受粉して、そこから生育の良いものを幾つ残すか、去年は一つでした。そして大きなものでは4Kgオーバーの実が成りました。今年も同じ線かな。問題は受粉ですね。自家受粉か、他家受粉か、基本は自家受粉でしょうが。まだ決めかねています。
  • 6月20日

 メロンに雄花が、そしてトマトには第二果房に花が咲きました。

 このところの気温で、トマト、メロンとも生長が急です。メロンは早いもので11節辺りまで来て、下の方のには雄花が咲き始めています。トマトには、第二果房が開花して、トマトトーンを散布です。

メロンの雄花。メロンの畝。トマトの第二果房の花。トマトの畝。
 メロンに付いた雄花です。 メロンの畝です。 第二果房に開花です。 トマトの畝です。

 メロンの畝の写真で、左側の畝(東側)の方が成長が早いです。こちらの畝は自家採取の種を育てたもので、ハウスのサイドに近いことから、雨が振り込み、土に水分が多いためにそんな結果になっていると思います。しかしながらトマトの方は、サイドに近い、土に水気の多い桃太郎の方が、成長が多少遅い感じがしています。メロンの生長には水分がかなり必要で、トマトの場合はそれほど必要ないと言うことでしょうか。と言う事は、メロンにはもう少し水気を与えた方が良いのかも知れません。
 メロンは11節辺りまで来ていますから、これからの子蔓は大切にする必要があります。今年は3本の子蔓に受粉して、その中から1個に実を成らせたいと思います。一株に2個は欲張りすぎな気がしますから。

 尿素500倍更にカリグリーン500倍希釈、したものを散布。

 メロンの下葉にうどん粉病らしき斑点が出始めて来た感じがあります。そこで早速カリグリーンの散布です。今年は単にカリグリーンだけではなく、カリグリーンと等量の尿素を希釈したものを散布です。両者とも基本的には肥料ですが、うどん粉病には効果があるとのことで、カリグリーンに関しては、昨年既に実証済です。今年は更に葉面から窒素を吸収させ、更にうどん粉病を発生させ辛くするために、尿素を追加です。この結果がどう出るか、楽しみです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4394)


Counter: 1981, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional