温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2012-05-20

ハウスでメロンとトマト作りー2。

  • 5月20日

          前に戻る     次へ進む

 少し早すぎですが、トマトとメロンの植え付けです。

 トマトは株間40cmで45株の植え付けです。

 今年のトマトの品種は、去年と同じ”桃太郎EX”と”甘太郎”です。苗の出来としては”甘太郎”の方が例年通り良く出来ていて、育てやすさを感じます。トマトの植え付け時期は、最初の花が咲き始めた頃が良いと言われていますが、とてもそこまで待てません。早めに植えつけても、特に問題は無いと考えてのことですが、実がどこになるか分からないことが気になります。本当は花を外側に向けて植えつけて、収穫しやすくするのが本来なのでしょうが。一応本葉第一葉を外側に向けて植えつけました。

植え付け穴設置トマト植え付け桃太郎苗甘太郎苗
 40cm間隔で植え付け穴を設置。 ハウス西側にトマトを植えつけ。 桃太郎の苗です。 甘太郎の苗です。

 40cm間隔で植え付け穴を開け、そこに役1リッター程の水を入れ、そこにポットで育てた苗を植えつけます。土を寄せた後、さらに数百ccの水をかけて置きました。これで株が萎れない限り、水を与えることは無いと思いますが、果たしてどうなるか。
 

 メロンは株間45cmで36株の植え付けです。

 今年は去年と同じ近くの人から頂いたマスクメロンの種(オリジナル)と、去年4.2Kgになったメロンと、3Kgになったメロンから採取した種を播種して育てた苗を植え付けました。オリジナルの株は19株、4.2Kgの株は8株、3Kgの株は9株植えつけています。

メロン植え付け後オリジナルの苗4.2Kgメロン自家採種苗。3Kgメロン自家採種苗。
 ハウス東側に45cm間隔で植えつけ。 オリジナルの苗です。 4.2Kgのメロンより自家採種苗です。 3Kgメロンより自家採種苗です。

 メロンの植え付けは45cm間隔で植え付け穴を開け、トマトと同じように水を入れ、植えつけています。こちらも本来は本葉3~4枚で植え付けですが、播種が遅くなり、そこまで待てずに、植え付けです。去年は4.2Kgと言う大きな実がなっています。そこでそこから自家採種して、苗を作っています。マスクメロンは基本的に一代交配であるため、親と同じ実がなるとは決して言えないようです。でも苗はオリジナルのものとほぼ同じものが出来ています。問題はどのように交配するかです。雄花にオリジナルのものを使うか、あるいは4.2Kgのものを使うかです。半々でやってみるのが一番かとも思っています。それもこれからの育ち具合次第です。3Kgのものについても同じことが言えます。どんなメロンが出来るか、気になりながら、楽しみです。

 トマトを植えつけたハウス西側は一昨年トマトを植え付け、昨年はメロンを植えつけています。メロンを植えつけたハウス東側は一昨年メロンを植え付け、昨年トマトを植えつけています。従ってトマトもメロンも2年毎の連作になり、連作障害がどのような形で出てくるか、それが一番気になるところです。一昨年の前は、西側にはメロン、東側にはトマトを作っていますから、昨年自体がすでに2年毎の連作になっています。でも昨年はこれと言った連作障害は発生していなかったと思っています。そんなことから今年も同じようになることを期待しているのですが、甘いですかね。

  • 5月25日

 ハウス全面敷き藁実施。

 トマトとメロンのうどん粉病を予防する意味と、過乾燥を避ける目的で、畝間にのみ藁を敷いていたのを、全面に敷き藁です。

画像の説明 稲藁には自然の納豆菌が住み着いています。納豆菌はうどん粉病の菌に対して、有効に働くようです。昨年は初めのうちは、納豆をミキサーで細かくして、水で薄めたものを散布したり、カリグリーンの希釈液を散布したりしていました。今年はその前の予防策として、藁を全面に敷き詰めることにしました。外で敷き藁を行った場合、時間が経てば自然に腐熟して堆肥になりますが、ハウスの中では水気が足りずに、短時間では堆肥にはならないと思います。でも踏みつけているうちに、だんだんとこなれて行き、最後には土に戻ると思います。
 トマトもメロンも今のところ順調に育っています。もう少し大きくなれば、支柱を立ててやる必要が出てきます。ちなみに真ん中奥に見えるのは、昨日仕込んだEMぼかしです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8974)


Counter: 1819, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional