温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2011-07-24

ハウスでトマトとメロンの栽培ー6。

  • 07月24日

          前に戻る     次へ進む

 メロンはマスクががっちりし、直径も16~19cmに。

 今年のメロンは今までのメロンとはちょっと違う感じです。株の衰えが無く、根元には盛んに当たらし脇芽が出、上にはぐんぐん伸びようとし、葉の付け根にはいつまでも花が咲いています。非常に元気が良いのです。メロンの大きさは大きなものではもうちょっとで、20cmにもなろうとしています。そしてマスクも強く盛り上がり、これぞマスクメロンの感じです。カリグリーンのおかげか、うどん粉病は今の所問題ありません。収穫までは後35日程ありますが、ひょっとすると収穫できるかも知れません。

畝の様子メロンメロン 左が畝の様子です。去年までですと、株の下の部分は葉が落ちて、寂しいものでした。右の二枚はマスクのしっかりしてきたメロンです。形もまずまずで、このまま熟して欲しいものです。

 今年は数を欲張らずに、一株一果としましたが、これなら二果付けても良かったかと思っています。しかしなぜこんなに元気なのでしょうか。元肥には稲藁、EMぼかし、醗酵鶏糞を埋め込んでいます。水は殆ど与えていません。そしてうどん粉病対策として、初期は納豆を、そして途中からカリグリーンを散布しています。それだけなのですが。

 トマトは第二果房が熟し始めてきています。

 トマトは第一果房の収穫を終えて、少し合間を置いて、今第二果房の収穫に移っています。こちらも多少病気の気は出ましたが、広がることなく収まっています。

第二果房 甘太郎の第一果房にはとてつもなく大きな実がなりましたが、第二果房にはそれ程の大きさの物は付いていません。桃太郎の方は大体大きさが揃っているようです。左は桃太郎の第二果房です。トマトのも多少カリグリーンを散布していますが、こちらには今までうどん粉病は出たことが無く、ほんの気休め、というかカリ肥料のつもりで散布しています。メロンと同様にこちらも同じハウスの中で3年連続の栽培ですが、特に問題は今の所無いようです。こちらも元肥は稲藁にEMぼかし、醗酵鶏糞です。そしてこちらは植え付け時以外、水を全く与えていません。表土50cmの山砂の下が粘土で、その部分に水が有るからです。トマトは割れることもありまえせんから、水気としては丁度良い感じなのでしょうか。

 トマトの味が未だ薄いと思います。と言うことは水気が多いということなのでしょうか。来年はハウスいっぱいに稲のプール育苗を行う予定です。その為にトマト、メロンの栽培は5月以降になってしまいます。そこで土作りは今年中に行う必要があります。今年以上に稲藁を入れて、しっかりと土つくりをしたいと思います。今年メロンは植え付け直前に稲藁、元肥を施していたのですが、それでも問題は無かったようです。トマトは初期から中ほどに掛けて、多少肥料が効いているかと思ったのですが、今の状態はそれ程効いていないようです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6703)


Counter: 1811, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional