温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2011-01-28

ハウスでトマトの栽培ー2。

  • 01月28日

          前に戻る     次へ進む

 1月20日に播種したものが発芽です。

 播種した後、家の中の蓄熱暖房機の上に箱と,更に稲の育苗箱を置いて、ポットの底の部分の温度が、23度程になるところで発芽を待っていたのですが、昨日発芽しました。家の中ですからこのまま放置しておくとモヤシになってしまいます。そこで今日から未だ家の中ですが、太陽に当てるようにし始めました。

トマトの発芽 去年はハウスの中で発芽させたのですが、なかなか発芽せず、困ったものですが、やはり温度不足だったようです。未だ少し早い気もしますが、ともかく苗を元気に大きくしてみたいと思います。今日又ポット4つに追加播種しています。これからほぼ一週間置きに4ポットづつ20本程のトマト苗を作ってみたいと思っています。
 芽の周りに見えるのは籾殻薫嘆で、少しでも太陽の熱が吸収出来ればと撒いたものですが、あまり意味は無かったようです。トマトの苗は出来るだけ水気を少なくして育てるのが良いと有ります。未だこの状態で水を切らすわけには行きませんが、ある程度大きくなってきたら、出来るだけ水を切らした状態で育ててみようかと思っています。その前に一度植え替えが必要かも知れませんが。

 去年は路地でも栽培できるトマトも育てたのですが、上手く行きませんでした。でもそのトマトはF1(一代交配種)では無かったので、魅力はあります。手入れを十分にしてやらなかったことが、原因だと思っていますから、こちらも今年は早めに苗を育てて、作ってみたいと思っています。

 ハウス妻面にビニールシート被せ。

 ハウスの妻面は、稲の育苗時あまり温度が上がらないように、かなりの範囲でネットにして有ります。その為に今時ハウスの中の日中温度は高々20℃止まりです。場合によっては10℃以下になっています。稲の育苗までの暫くは、温度を上げておきたいために今日ネットのの外側にビニールシートを張りました。太陽が照りつける時には30℃近くにまで温度が上がるようになりました。これから暫くの間の温度調整は側面の換気装置のシートの上げ下げで行なう事になります。
 暖房が有る訳ではないので、朝方の温度は軽く氷点下になります。そのため発芽の為には夜間は、播種したポットを家の中に退避する事が必要になります。その時に蓄熱暖房機が大いに役立っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3313)


Counter: 1921, today: 1, yesterday: 1

 

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional