温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2011-01-04

稲の育苗用プールの仮設置。

  • 01月04日

          前に戻る     次へ進む

 今までのプール枠がシロアリにやられて、作り直し。

 昨年まで使っていた稲の育苗用プールの木枠が、保存状態が悪かった為に、シロアリにやられてしまい、新たに作らざるを得ませんでした。更にハウス内に室を設置した事で、ハウスの基準面が今までより35mm高くなって、プールの設置基準になる基礎レンガも設置しなおす必要が有りました。
 今までのプールの大きさは、巾2m、長さ8mで、苗箱が最大で、3列25行75箱置けるものでした。巾が広すぎて必ずしも使い勝手は良くありませんでした。
 今回新たに作るに当り、苗箱が最大で2列25行50箱置ける程度に小さくして、巾1.5m、長さ8mとして、何処からでも苗箱に手が届くように変更しました。今のところ田圃の広さは15aで、使う苗は30箱程ですから、これで十分と考えました。更に田圃が広くなった場合は、ハウスの東側に同じサイズのプールが設置出来ますから、最大では苗箱が100箱は置けるようになります。

排水口排水口締めプール排水口排水口締め
 ハウスの南側2箇所に設けられている排水口。中には外へ繋がる排水パイプが設けられていて、使わない時には栓がしてあります。 プールを使わない時は、ブロックで蓋をしておき、中に土が入らないようにして有ります。 プール木枠にも排水口が設けられています。これは排水口が明いている状態です。 プールに水を溜める時には蓋を締めます。この内側にビニールシートが敷かれます。


 昨年まで使っていたプール木枠には、排水口が着いていなくて、南側の木枠を外して排水していましたが、これからは簡単に排水できそうです。

レンガ基礎四隅レンガ基礎中枠置き枠開き防止
 プールの四隅に設置した木枠の基礎レンガです。今回はこれも新たに設置しなおしています。 これは木枠長手方向に2m置きに設置した木枠基礎レンガです。 木枠を置いた状態です。右側の木枠の上に置いてあるのは、プールの砂均しです。 そしてこれはプール木枠の膨れ防止用に二箇所に設ける開き止めです。


 基礎レンガは簡易の水準器で水平を出して有ります。多分誤差は1mm以内になっています。今までの木枠は、プールに水を張って、使っている内にいつのまにか中が膨らんでいたようです。そこで木枠の長手方向の開きを防止するように、開き止めを追加しています。

全体 プール木枠を仮に設置したところです。木枠の材料は23mm×46mm長さ4mの物を使用しています。従ってプールの深さは69mm程になります。苗箱の大きさは、巾30.5cm、長さ60.5cm、深さ4cm程で、プールの深さとしてはぎりぎりの感じです。苗箱はプールに敷くビニールシートの上に直接置くのではなく、排水のために、多少浮かせますから、苗箱の上2cmが水位ぎりぎりになります。どうしても浅い場合には、プール木枠の高さを少し上げる事も考えています。設置したプール木枠は、ハウスの西側で、未だ東側が明いています。この東側にも基礎レンガが設置してあり、未だ作って有りませんが、木枠を置けばプールが設置出来ます。

 未だ木枠はきちんと組み上げていませんが、ここまでにしておけば後は楽です。3月には正式に設置する事になります。苗箱の下に敷く、材料を昨年までは木で作っていたのですが、今年はどうしようか迷っています。木製だと、どうしてもプールで苗箱が浮いてしまうものですから。僅かな浮力なのですが。

  • 01月05日 追記

 せっかくプールの木枠が仮組出来たところで、プール面の均し、及び水打ちを行なって、土を固めてみる事にした。

均し、水打ち後のプール 土が山砂と言う事で、簡単に均平化は出来る。ただ混ざっている石とか大豆の枯れ枝とかで、所々凹みが出来てしまう。山砂と言っても少しは粘土も含まれているので、水を与えると一応固まってくれる。そこで均平化が終わった段階で、如雨露で水を撒いてみた。その状態の写真が左で、かなり具合が良い。この位の状態になれば、プールとしては何の問題も無い感じ。本等では籾殻を入れて均平化をする人もいるようだが、山砂のほうが扱い易いと思われる。木枠を基準にして、プールの均平化をするのは、非常に都合が良い。
 これで一応プールの準備は出来たことになる。3月の育苗期までには未だかなり時間が有るが、それまでには木枠の防腐処理も行なう事にする予定。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6001)


Counter: 4138, today: 2, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional